NHKマイルカップ2011

1994年のスプリンターズステークスが大好きです。

サクラバクシンオーの圧巻のパフォーマンスはもちろん素晴らしいのだが、私としては、とにかくヒシクレバー、ホクトフィーバス、マルタカトウコウの3頭によるまるで特攻隊のような先陣争いがたまらない。「何をそんなに生き急いでいるんだい?その先にあるのは死でしかないのに」。思わず肩を叩いてそう教えてあげたくなる。だけど、それでもきっと彼らは突っ走って行くんだろう。そう思うと、本当にたまらないのだ。

さながらサクラバクシンオーの弔い合戦ともなりそうな2011年のNHKマイルカップには、クリアンサス、テイエムオオタカ、フォーエバーマーク、リキサンマックスと4頭の逃げ馬が揃った。おそらく16年半前のようなハナ争いにはならないとは頭ではわかっていても、それでもちょっぴり期待してしまうのは私だけですかね?

【NHKマイルカップ(G1)】
◎アイヴィーリーグ
○グランプリボス
▲ダンスファンタジア
△ロビンフット

弔い合戦と言いつつ、グランプリボスは対抗だったり(笑)。生き急ぐ逃げ馬たちの後ろから持ったまま4角先頭で並びかけて行っても府中のマイルだと最後に脚が上がるんじゃねーの?なんて(笑)

本命はアイヴィーリーグ。出走馬中最小キャリアでもセンス抜群のレースぶりは全く見劣りしない。むしろ、何かと競馬に注文が付く馬が多い中で、ちゃんと競馬ができるという点は非常に大きなメリットだと思う。

あとは、ようやくまともなジョッキーに戻ったダンスファンタジアと経験豊富なロビンフットをちょこっと買うつもり。


先週出走したアルマニャックは6着…。
ぶっちゃけ、見どころ1つないレースでございまして…。超低レベルな1戦だったと思うのですが、逆にレベルが低すぎて走りにくかったのかな?スタートダッシュがカギを握る新潟で、この大型馬が内枠を引いてしまったのも痛かった。
で、そのアルマニャック、来週水曜に門別で走るんだそうです(苦笑)。新潟に遠征して帰って中10日で北海道への輸送を挟んでレースって…。これには短期放牧嫌い&ガンガン使え派の私も「さすがにそれはちょっと…(^^ゞ」と思ってしまうわけで。しかも、一度北海道に輸送したときに熱発した前科もあるだけに、ね。レース前にノーザンファームに放牧にならなきゃいいけど。放牧は走って、勝ってからでよろしくお願いします(走った後は放牧→そのまま北海道開催での復帰狙いの遠征であることは承知してます)。


NHKマイルカップでは本当なら元上司の持ち馬クリアンサスを買いたかったんですけどね。でも、それは天才・国分恭介の続投が条件だったので…。もちろん、予想は別物で応援していますが、よりにもよって…ねぇ(苦笑)

あ、今週WIN5は買いません。
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment