天皇賞・春2011

レッドブルをエネルギー源として2日で1本は飲まないと生きていけません。

どうも、U-KIさんです。
実は昨日は1日で2本飲んだんですけどね。あぁ、翼をください(爆)


【天皇賞・春(G1)】
◎トゥザグローリー
○ペルーサ
▲コスモヘレノス
△マイネルキッツ

「菊花賞はスタミナレース」
「天皇賞・春はスピードレース」

これが私の持論である。もう何度も書いているが、改めて解説する。

クラシックレースの1つである菊花賞は、それゆえに本来の適性外の馬も多く出走し、また肉体的にも精神的にも未完成な時期のレースであるため、とにかく身体的に強い馬、スタミナを持っている馬が有利である。一方、古馬のレースである天皇賞は、それゆえに身体的な裏付けは当然のものとして、その上でスピードとスピードの持続力を競うレースである。

結局のところ、荒れている年の天皇賞は菊花賞だったのだと思う。要するに、身体的な裏付けのない馬たちによる単なるスタミナ比べだったのだと。しかしそうでない年は強い馬がちゃんと結果を残している。それは結果を見ればわかる。やはり天皇賞は今も昔も変わらず天皇賞なのだ。

◎トゥザグローリーは心・技・体すべてにおいて充実期を迎え、良血馬がいよいよ真に強い馬への道を歩み始めた感。それを証明するためにもココは確かな一歩を記さなければいけないレース。近2走を見る限り、死角はほぼない。唯一、鞍上という点を除いて。
陣営は敢えて指名して、先週も今週もユーイチを追い切りに乗せた。それはユーイチへの陣営からの信頼のメッセージであり、また四位へのプレッシャーであると思う。そんな中でダービージョッキーはどう乗るのか。とにかくきちんとゴールまで持って来ることができるかどうかだけ。それが叶えば自ずと結果は付いてくるはずだ。

○ペルーサの身体能力の高さは折り紙付き。むしろ有り余っているぐらいなだけに、体力勝負、消耗戦は望むところ。折り合い面の不安もない。それでも◎よりは下だと思うが、他の馬よりは上なので○評価を。

▲コスモヘレノスは世代きってのスタミナ馬。道悪も非常に上手い。雨降りが予想される天気だけに、何かを起こせる可能性が出てくる。

△マイネルキッツは“菊花賞”であった一昨年のレースの勝ち馬。昨年のレースでジャガーメイルごときに負けるレベルであることは証明済み。もし今年も鞍上がスタミナがあることを勘違いして地力勝負に打って出るようなら、今年は昨年よりもメンバーが強化されただけに自爆行為となりかねない。それでも振い落とされた馬よりは上に来るだろうから、あとは何頭が残るかがカギになる。

とまぁ、こんなことを書いていますが、実際に買うかどうかはまだ決めてないです(笑)
書き忘れてる皐月賞の回顧は天皇賞後に一緒に、ということで。
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment