P1初参戦

「もう2度とブログを書くことはないかも」ぐらいに思っていたんだけど、気が向いたから、再開。

まぁ、いろんなことを諦めればいいだけの話なんでね。

【P1グランプリの指名馬】
グロッケンライン(牡・父シンボリクリスエス、栗東・中尾秀)
グランジョイ(牝・父ダンスインザダーク、栗東・岩元)
タマモサプライズ(牡・父タニノギムレット、栗東・中竹)
フサイチフウジン(牡・父ウォーエンブレム、栗東・大久保龍)
プラチナベール(牝・父アグネスタキオン、栗東・角居)
マリエンベルク(牡・父マリエンバード、栗東・松元茂)
マルチメトリック(牝・父フジキセキ、美浦・奥平雅)
ラインメサイア(牝・父ミレニアムバイオ、美浦・水野)
母フラワータテヤマ(父スペシャルウィーク)

以上の9頭(笑)。あと1頭は、締切日に決めるつもりだったんだけど、ラブホのインターネットが使えなかったために指名できず(実話)
昨日同じデビューしたベストロングやメイクセンスも一旦は10頭目として指名していたんですけどね。まぁ、ここはポルトフィーノ枠ということで。

とりあえず、昨日のレースでマリエンベルクがポルトフィーノ、サブジェクトに続く第3位のパフォーマンスを見せてくれましたから、この先も希望は広がりますね。

今日グランジョイとラインメサイアがもデビューして、タマモサプライズも入厩済み、フサイチフウジンとプラチナベールはゲート試験を合格して再調整と、少しずつ陣容は揃っていていますから、これからじっくり楽しみたいですね。
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment

1 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  P-1グランプリ指名馬
  • P-1の指名が締め切られたので、今年のラインナップを紹介。今シーズンは、みんながみんな「1人指名」を狙いに来たもんだから0人指名の馬を探すのに一苦労。で、結局最終的には2人指名になっちゃってるし。意味な~いじゃ~ん。選択基準として用いたのは1.厩舎が新馬戦で好成
  • 2007.09.19 (Wed) 23:32 | 名馬電機社長の事業報告という名の日記