武豊とリスポリと日本競馬

ここ最近の競馬を見ていて思うことは、「佐野量子の芸能界復帰は近いな」ということです。

どうもU-KIさんです。

武豊が降着に値すると判定された斜行そのものには「これで?」と思うところはある。が、多くのレースでのユタカの騎乗ぶりにはあまりに残念なものが多い。今週の自身のサイトでのコメントによると、騎乗に関していろいろ言われていることは本人も自覚しているようで、この土日のレースを見ると「とにかく結果を」という思いで乗っているのが伝わってくるのだが、その姿はむしろ痛々しいぐらいで…。

この2週間の騎乗停止は、きっと誰かが「少し休め」と、「ちょっと頭を冷やせ」と言っているんでしょう。

最悪の流れの中でのトドメとなりそうな出来事で、関係者やファンに与えるインパクトはこれ以上なくディープでしょうが、このタイミングで一度リセットすることは悪くはないんじゃないかな。今後の巻き返しに注目しています。


それにしても、ディープインパクトやウオッカで競馬に親しみ始めた人たちは佐野量子のアイドル時代なんて知らないんだろうねぇ。ましてや、当時の「フライデー」に載った写真なんて…(笑)。そりゃあの写真の中のようなことを人は誰しもすることがあるだろうけど、その場面が雑誌に載って世に出回るのは最高に恥ずかしいよね(笑)


今日の5重勝予想の反省。というか、感想。

もし伏見Sでセブンシークイーンが勝っていたら、平安Sの写真判定は熱かっただろうなぁ(笑)。ていうか、もし発売されてからこういう状況になって最後の最後にハナ差負けしたら、絶望の果てに人生を投げ出してたと思うわ。というわけで、ある意味、逆に岩田グッジョブ(笑)

まぁでも、今日は指定された5つのレースの勝ち馬を当てることの難しさを実感したよ。3つまで当てるのはさほど難しいことではない。そういう週は実際に発売されてからも、ままあると思う。でも、その先が本当に難しい。例えば伏見Sや平安Sのような、自分の実力では買えないレベルの馬の激走、どうしようも掴みどころのないレース、ジョッキーの騎乗ミスとの戦い。こればっかりはどうしようもないのだけど、そういうどうしようもない相手との戦いがこの馬券の難しさ。改めて実感しました。

それにしても、リスポリは初騎乗初勝利で予感させたほどの活躍をどうもしそうにないね。見ているとまだ日本の競馬にアジャストし切れず、今イチ自信を持って騎乗することができていない印象だ。平安Sにしてもテンからの流れに対応し切れず、迷ってるうちにポジションを悪くしてしまったのが敗因である。若駒Sの騎乗もえらく中途半端だった。もちろん、いいジョッキーであることには違いないし、勝ち星もこれから伸ばしていくだろうが、現状、ルメールやスミヨン、デムーロほど信頼していいわけではないんじゃないかな。


最後にもう一度ユタカの話題。

まぁ、昨日今日のユタカのように、誰しもが目先の1勝のために必死になって形振り構わず乗ってくれたら日本競馬はもっと熱くなるだろうし、見応えあるんだけど、と思ったりもするんだけどね。
ていうか、明日のJRA賞の式典で重大発表とかないですよね?まさかね。


スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment