言葉にできない

どうも。U-KIさんです。
ノドがぶっ潰れました(笑)

今朝目覚めたときからほとんど声が出ない状態。全力で声を出しにいってもボリュームの設定1固定、みたいな(笑)。だから仕事中のやり取りも本当に大変で。こうして筆談するのが逆に楽だわ(笑)

ちなみに、ノドが潰れたのは土曜日の忘年会ではしゃぎまくったからではありませんよ!


さて、声を出す必要もなかった昨日の阪神ジュヴェナイルフィリーズのお話。

レーヴディソールの単勝に諭吉投入していたし、祐一ファンとしては騎手人生を懸けた一戦のような気持ちで臨んだレースだったので、スタート前は非常に緊張していたのだけども、ゲートが開いてからはそれまでにウソのように安心して見ていられましたね。ユーイチも言ってたけど、自分もダンスが前に入ってくれたところで「勝った!」と確信しました。

文句ナシの完勝劇。一番能力のある馬で一番乗りやすい馬というアドバンテージは果てしなくデカいな。当面のライバルと目された馬たちが新たな問題点を次々に露呈したのに対し、この馬は一つひとつ確実に課題をクリアしてるのだから、着差はわずかでも、他馬との差は縮まるどころか大きく開いたようなレースだったような気がする。

現時点で桜花賞出走当確ラインの賞金1200万円以上を持っている牝馬は、レーヴを含めて8頭ですか。

ライバルとなりうる馬たちは残りの7頭以外に居るのは間違いないことだと思うが、出走権を確保することと競馬を教えることの両立は非常に難しいわけで。本番への余力を残しつつ、それを何とかクリアしてくる馬がどれだけいるか。その点から見ても、レーヴが持っているアドバンテージを本当にデカいなぁ。


今週の競馬で現時点で予想が決まっているのは阪神カップの◎キンシャサ、○リビアーモぐらいかな。
人前に晒すのが恥ずかしいぐらいの予想で、自分で笑えてしょうがないんだけど(笑)
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment