「capeta」休載につき

今月は私に「エンジン(魂)に火を着けないまま走れ」ということなのでしょうか?

どうもU-KIさんです。
今月号での休載は先月号を目にした時点でわかっていたことではあるんだけども、今朝、改めて月マガを手にして読めなくてとても切なくなりましたよ。ほんと。「capeta」を読まないと1ヶ月が始まらないんだけど!来月まで長げぇなぁ。。。


さて、転職したばかりの新入社員さんですけども、おととい早速仕事後にUNISON SQUARE GARDENのライブに行ってまいりましたよ(笑)

定時帰りで(基本的に定時で終了の会社なのでやましいことは何もないです)電車に飛び乗って、クアトロに着いたのが19時05分。1曲目「ライドオンタイム」のイントロ途中だったから、本当にドンピシャでしたわ。まぁ、平日なのに定刻から5分と遅れずにスタートしてるなんて思ってもみなかったんだが…。

それはいいとして、十分満足して帰ってきましたよ。アンコールを含めて20曲以上やってくれて、「MR.アンディ」も「クローバー」も「フルカラー」も聞けたんだから何の文句もないよ。特に「MR.アンディ」はライブでは本当に久しぶりにやったらしいからね。ジャストタイミングのユニゾンスクウェア初参戦でございました。

まぁ、本音を言えば、暴れずにおとなしく聞いていた分、身体は欲求不満を訴えているんだけどね。でもそれは、今日この後行くI-RabbitsとmidnightPumpkinの2マンで晴らす方向で。


それにしても、クラシコは5-0ですか。

グアルディオラはよっぽど嬉しかったんだろう。試合後、いつになく饒舌だったのが印象的。まぁ、大負けず嫌いのペップ・グアルディオラのことだ。昨シーズンのCLでモウリーニョのインテルに敗れ、そしてモウリーニョがレアル・マドリーの監督に就任するとわかった日から、ずっとこの試合でのリベンジを期していたんだろう。クラシコに合わせてピーキングしていることは明らかだったもんね。

そして今度は、同様に、モウリーニョがリベンジを心に誓ったはず。単体でも非常に見応えある試合だったけど、それ以上に次回のクラシコがもっと楽しみになるゲームでしたね。


【鳴尾記念(G3)】
◎ルーラーシップ

最後の一歩でヴィクトワールピサを交わしたジャパンカップのローズキングダムにはエリザベス女王杯のアパパネの姿がダブって見えた。また、致命的な不利を盛り返しての逆転劇はアルメリア賞のルーラーシップのようでもあった。共通項はキングカメハメハ。子どもたちに宿すこの強靭な精神力はスーパーサイヤーの生命力の強さと言ってもいいのではないだろうか。

その代表産駒となりうる大器が迎える待望の復帰戦。言うまでもなく、チョイ濡れの馬場はキングカメハメハ産駒には絶好だし、母系は休み明け鬼の血統ですね。

ちなみに今週のG1、ジャパンカップ・ダートは買う気ナシです。


スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment