負けず嫌い

昨日の東京最終レース輪乗り中に見せた、スミヨンの不貞腐れた顔が忘れられません。
どうも。U-KIさんです。

あの顔、大負けず嫌いこそが彼のエネルギーなのでしょうね。残念な結果となったからこそ、今から逆襲に燃えていることと思います。有馬記念が楽しみです。


さて、私の馬券は裁決によって結果的に非常に良い方向に転がったわけですが、競馬ファンとして心の中に引っ掛かるものが残っています。それは一晩経っても変わりません。

ブエナビスタとスミヨンの斜行がアウトかセーフかと問われれば、私はJRAと同じ答えを出します。これは間違いないです。ただ、JRAのそれに一貫性がないから、こうした引っ掛かりを抱えなければならないわけです。

裁決員の方々も人間なわけですから、完璧を求めるつもりはありません。多少のズレだってあるでしょう。昨日にしても、どっちのジャッジを下したとしてもアレコレ言われたはずで、そういう意味では同情もできます。が、それを踏まえても…。

いずれにしても、気持ち良くレースを見たいものです。


それにしても、ローズキングダムはよく頑張りましたね。類い稀なレースセンスと勝負根性の持ち主であることはこれまでのレースを見てわかっていましたが、改めて実感させられました。ひどい不利を被ってなお前向きに走り、最後にヴィクトワールピサを交わしたからこその戴冠劇。私としては心から「ありがとう」「お疲れさま」と言いたいです(笑)

橋口先生は、トウカイテイオー、ディープインパクトに続き、これでブエナビスタまで撃破ですか。慢性的な「2着病」で(笑)これまで数々の期待を裏切ってきたわけですが、絶対的な存在を打ち負かすことで、逆の意味でも期待を裏切ってきた人。実に橋口先生らしい勝利ですよ。


予想のときに書いたようにこのところあまり良いところがなかった私も、昨日から運気は多少好転し始めてくれたのかな。計算してないけど(するつもりもないけど)、おそらく馬券の年間収支も引っ繰り返ったと思う。
でも、こんな「お願い馬券」を買っていてはいかんね。見えていた予想じゃないことは自分が一番よくわかっている。もっとしっかり考えねーとな。


さて、今晩はクラシコです。
行きたかったね。現地に、観に。行くつもりでもあったんだけど。いろいろと懸案があって叶わなかったのが残念。こんなに面白いシチュエーションでクラシコを迎えるってわかってたら無理してたよなぁ、なんて。
まぁ、今回ばかりはどっちが勝つかわからんが、個人的には対モウリーニョということで向きになるグアルディオラが見られたら嬉しいです。
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment