HERO

「例えば誰か一人の命と引き換えに世界を救えるとして
僕は誰かが名乗り出るのを待っているだけの男だ」

とは、Mr.Children「HERO」の冒頭の歌詞なのだが、菊花賞のようなレースを見た後、自分はだいたいこの詞を思い出す。
こういうことを言う人がいるおかげで。

でもって、毎度、こういう人はきっと世界を救うためにきっと命を差し出してくれる御方なんでしょうなぁ、と感嘆するわけですよ。
えぇ。当然、冗談ですけど。


さて、菊花賞のお話。

とりあえず、レーヴドリアンおよびユーイチさんの騎乗に関してはいろいろと言いたいことはあるのだけども、レース後に(正確にはF1韓国GPのセーフティカー先導中に)t-horyさんと散々その思いの丈をぶつけ合った上、その内容は月曜日の更新で完全網羅していただいているので、ここでは省きまして。

まぁ、結果を見ると、何だかんだで菊花賞だったなぁ、というのが第一の感想。スローペースとはいえ、長い距離を走った後、しっかり追って伸びて離して逃げた馬を掴まえて先着できたのはスタミナのある馬(1、3着馬)と戦前から能力に裏付けのあった馬(2、4着馬)のみ。乗りヘグり他、いろいろあって交わせなかったとはいえ、それに続いているのもトウカイメロディとヒルノダムールなわけで、上位に来た馬にはちゃんとそこにいる理由があることから、やはり菊花賞は菊花賞だったと言えるんじゃないかな。

でも、そういった全体の総括を差し置いてでも触れなければならないのは、川田の騎乗に関してだろう。

至極当たり前の話なのだが、2番手に位置したときはゴール前で自分一人が逃げた馬を交わせば1着になれる。言葉にすれば単純だし、誰にでもすぐにわかることなんだけども、でも実際にそうすることが簡単ではないのがレースというものだ。
そんな中で「逃げた馬は止まると思っていた」という思考のもと、前を行きたいだけ行かせ、自分が差せるギリギリまで馬群をズリ下げた。そして、勝った。これを素晴らしいと言わずして何と言うべきだろう。しかも、3週間前に自らが犯したミスをそれによって即座に取り返したのだ。男として本当にいい仕事をしたと思う。カッコ良かったぞ!


ちなみに、クラシック競走でのスローペースレースは、来年さらに増加するものと思われ。

そりゃそうでしょ。これだけユーイチさんがお行儀良く競馬させて勝たせてるんだもん。だから例えば小倉2歳Sみたいに逆張りで逃げ馬に◎を打ったりしてるんだけど。でも、クラシックディスタンスで想定できる逃げ馬というのはなかなかいないね。まぁ、だからこそ、スローになるって言ってるんだけど。


さて、今週はグロッケンラインが走ります。

昨日の時点での厩舎からのコメントでは1、2頭ぐらい強い馬の出走が想定されていたみたいだけど、フタを開けてみたらそういった馬たちの出走はなかったようで。だったらもうここは勝たねばまるまい。勝って、イルミネーションジャンプS、そして暮れの大一番へ。期待しています。

しっかし、この馬が走るときはよく雨が降るなぁ。ほんとに(^^ゞ


天皇賞はまるで買う気ナシです。予想しようとすると毎回1周回ってブエナビスタに戻っちゃうもんだから仕方がない。どうせアーネストリーは実力よりも安いオッズになるだろうし、ショウワモダンも何だかんだで安いだろうからねぇ。



スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment