大切なこと

ショックは消えるはずもないけど、何とか日々やり過ごしております。

祥也の事故死のニュースは日本でも思った以上に大きく扱われ、またmixiでも関連した日記が数多く更新されたりと、こういうときばかり大きく報じられるのは本意ではないが、どれだけ大変なことが起こったのかが多くの人に伝わり、また多くの人が気持ちを共有することができたのは悪くないことだと思う。

それでもイタリアやスペインのようにモータースポーツに敬意と権威がある国というのはやっぱり羨ましいなと思う。今回の件にしてもトップニュースで報じられたそうだし、思えば、加藤大治郎の死はバルセロナの地でスポーツ紙に並ぶ写真を見て知ったものだ。


こういうことが起こって改めて気付かされるのは、何より大切なのは「無事に帰ってくる」ことだということ。

明日からまた2日間、競馬がある。無事で帰ってくることが何より大切なのは競馬とて同じだ。競馬ではよくたかだか馬券の当たり外れごときでジョッキーや関係者を罵倒する輩がいるが、言語道断、そんなヤツは競馬に関わる資格はない。“死ねばいい”のはお前だ、という話である。だから自分も「頭を打ったのはむしろ岩田的にはアリなんじゃないか?!」なんてことは冗談でも言わないようにしようと思う(爆)


【セントウルステークス(G2)】
◎ショウナンアルバ

ようやく辿り着くべき条件に辿り着いたといったところか。その気性、その血統から、スプリント戦にこそが生きる場所があることは明らかだった。それでも初めての1200M戦となった前走でもなお、まだ能力を持て余しているのだから恐れ入る。あの様子ならこれくらいクラスが上がった方がいいだろう。

まぁ、本当にベストの条件は、スタートからスピードに任せて下り坂を一気に行く中山1200だろうし、だからこそスプリンターズSでの◎をもう決めているのだけど、ココを勝たないと出られないので、ぜひココも勝ってください。


それにしても、くるぶしの骨折とは岩田は厄介なところをやったものだ。
下手したら、今年残り全部アウトなんじゃないか?
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment