オークス(優駿牝馬)2010

このところやたらとテンションが高い。あと1週間はこの感じが続くものと思われ。


【優駿牝馬(G1)】
◎エーシンリターンズ
○オウケンサクラ
▲シンメイフジ

桜花賞がオークスで思い描いていたレースと結果になってしまう誤算があったのでどうしようかと考えたんだけど、初志貫徹でこの予想でいきます。

結局のところ、さほど高くはないレベルの中でどの馬も弱点を抱えながらレースをしている今年の牝馬クラシック戦線では、弱点の少ない馬と競馬のしやすい馬が有利ということなんだろう。そういう意味で、やはり◎と○が今回も自然浮上してくる。

スタートが速くて、前へ行けて、折り合いの不安もない。人馬とも経験十分で、一つのスタイルに固執せず、どんな競馬でもできる。これは、競馬に参加もできないまま終わった人馬が非常に多かった桜花賞で改めて見えた、この2頭の大きな武器だよね。適性云々は関係ない柔軟性がある。前走とは違って今回は逃げ馬がいることでレースの体はちゃんとできると思うが、だからといって何も変わらない。今回も同じように結果で示してくれるでしょう。

シンメイフジは桜花賞でも着実な前進を見せてくれた。現状ではまだいろいろと制約のあるこの馬にとっては、あの展開の中でよく走ったと言えるでしょう。今回はまた更なる前進を見せてくれるはずだし、桜花賞よりは今回の方が不利も少ないはず。でも、条件付きという面で◎○よりも評価をあげられないので▲まで。

アパパネが今年のメンバーの中で完成度で抜きん出ているのは、もういい加減わかった。とはいえ、今さら買うこともできないのでこの馬に対してはワイドで対処することにした(笑)


さて、POG新シーズン開幕間近で、我が息子と娘も順調な仕上がりを見せており、期待感を抑えられない感じではありますが、その前に今週はスペシャルグルーヴ嬢の出番です。

ついにこの日がやってきたか、という心境。傷つかないためにもこデビュー戦を迎えられることを期待しないようにしてきただけに、なおのこと喜びが大きい。正直なところ、これが最後の可能性もあるだろうし、このレースすら終えられない可能性だってあると思う。でも、そんな気持ちは心の奥に仕舞って、期待を持ってデビュー戦を迎えたい。そんな気持ちにさせてくれる調教師のコメントが嬉しかったですね。

「先週の追い切り後も左前脚の状態は大きく変わることはありませんでしたし、週末の調教も問題ありませんでした。全休日明けも大丈夫でしたので、今朝坂路で54秒くらいの時計を出しています。こちらの心配をよそに、馬は走る気満々で一生懸命に走ろうとします。今日はオーバーワークにならないようにセーブしたくらいです。気のままに行かせればもっと時計は詰まりますが、過度な負担をかけたくありませんからね。馬房からの出かけの歩様はあまり良くないのですが、時間をかけてあげればほぐれてきます。追い切り翌日の明日の状態を確認してからでないと安心はできませんが、水曜日の午後までは順調に来ることができました。ジョッキーは伊藤工真ジョッキーで行くつもりです。血統馬ですし、リーディング上位のジョッキーも考えましたが、歩様の硬さから騎乗が保守的になってしまい、何もやらないでレースを終えてしまう可能性があります。より納得できるような競馬をしてもらいたいので、最後まで一生懸命に乗ってくる若手がいいでしょう。見た目は優しいけどガッツがあり、一生懸命に乗ってきます。減量の利点もあるので悪くないと思います。一戦一戦が勝負になるので、まずは無事にレースを終えることが大事ですが、調教の動きから期待できると思っていますので楽しみにしています」(奥平師)

ちなみに、日曜日の東京1R出走なので、もし仮に勝ったとすればあの馬より先に星を手にしたことになります(笑)

スポンサーサイト

2 Comments

U-KI@管理人  

>Firstroadさん
呼びました(笑)
毎度ネタにさせてもらっておりますm(_ _)m

マージービートは今回チャンスでしょう?
前走の緩すぎるレースより厳しいぐらいの方が良さそうですもんね。

2010/05/21 (Fri) 13:17 | REPLY |   

firstroad  

>あの馬より先に
呼びました?w

2頭共に勝利が一番良いんですが・・・ウチのはまたどうせ2着な気もw

2010/05/20 (Thu) 20:51 | EDIT | REPLY |   

Post a comment