役不足?

今年の日本ダービーは史上空前のビッグゲームになりそうだけど、配役が発表されたところで、ちょっとずつ役者が欠けることになってしまったようで。

【ダービー】武、断念…ヴィクトは岩田康(サンケイスポーツ)

まぁでも、これでよかったんじゃないでしょうかね。“武豊がいない”というのはそれだけでとても残念なことだけど、でも“不完全な武豊がいる”というのはもっと残念なことだから。もし仮に本人がどれだけ大丈夫だと言ったとしても、他の人間が不安とか疑問を抱えながら見つめることになるのは、ね。

自分としても「今年のダービーはユタカに勝たせてあげたい」とずっと思っていたんだけど、その反面、馬券的な意味で、ヴィクトワールピサをどう扱っていいものか悩んでいた。でも、これで“普通に”考えることができる。この“普通”こそ非常に重要なものだから、競馬を一番に考えたユタカの決断には拍手を送りたいと思う。

ていうか、岩田もケガ人なんだよな(爆)
ヤツの骨折はもう治ったの?野生全開で(爆)


【ダービー】プリンス、屈腱炎で出走断念(サンケイスポーツ)

リディル、トーセンファントム以来、離脱者なしで来ていたのがこれだけのメンバーを構成する大きな要因の一つになっていたんだけど、ここにきてサンライズプリンスが抜けることになってしまいましたか。

最後にやってきた底知れぬ才能。ぜひともそこに居てほしい輝きだったけどね。


さて、せっかく競馬のトピックを立てたので、書いていなかったココ3戦分のG1回顧を書いておきます。

<ヴィクトリアマイル>
何だかんだで毎年のヴィクトリアマイルだったなぁという印象。
対シーザリオ、ラインクラフト、エアメサイアだったり、対ウオッカ、ダイワスカーレットだったり、そういった強い馬たちに挑んで敗れた馬たちがこのレースで来ることはこれまでなかったんだけど、ブエナビスタ、レッドディザイアと対した馬たちも同様だった。強くて堅いものとぶつかり合ったときにより弱い方が壊れるように、跳ね返された馬たちは確実に馬が傷んでいる。そういった意味で、今年のレースはブロードストリートに注目して見ていたんだけど、やっぱり2強に先着できなかったし、確実に去年よりパフォーマンスを落としているもんね。
ジェルミナルが脚を痛め、ワイドサファイアやダノンベルベールが心を壊し、ワンカラットがローブデコルテのような戦績を辿っているのを見ると、この新世代の強豪牝馬たちもヒカルアマランサスらに顔が変わっていくのかな。

<NHKマイルC>
個人的には、サンライズプリンスの弱さがとにかく印象的。懸念していたキャリアの浅さ=要するに他の馬と一緒に“競馬”をしたことがない点を露呈した格好で、ここまで時間もなかったし、若いジョッキーが乗っていたから仕方ないと言えば仕方ないんだけど、「外から馬が来たら…」というコメントはG1後にあるまじき発言だよね。
対して、ダノンシャンティはラジオNIKKEI杯で馬の間に入って競馬した経験が生きているね。だんだん目覚めてきている割に、だんだん我慢できるようにもなっている。レースが流れてくれたのはあるにしても、ゆっくり走れるようになったことは大きい。速くはいくらでも走れる馬だからね。

<天皇賞>
あまり書くことがないんだが…(苦笑)。まぁ、江田を貶すよりはウィリアムスを褒めましょうか。
天皇賞のように縦長の展開になるレースには隊列の中でキモとなる位置が必ずあるのだが、ジャガーメイルはそこにうまくハマッたなぁとレース中から見ていたんだけど、案の定、こういう結果になった。それは天皇賞後の端午ステークスのバトードールも同様。これがウィリアムスの実力なのか、偶然なのかはわからないけど、結果を出した人間を落とすのは筋ではないので、実力としておきましょうかね(笑)
レースのキモを捕らえたという意味では、ウィリアムス以上に、メイショウドンタクの幸四郎はうまくやったと思う。松岡も積極的ないい騎乗だったね。


返すがえすも、サンライズプリンスの離脱は残念だなと思う。上ではかなり辛辣に書いたが、その分、そこからどう巻き返してくるかを大いに楽しみにしていた。
もしダービーに出走が叶っていたら、後藤はどう乗っていたのだろう。勝つためには自分勝手に行くしかなかったと思うが、反面、もう二度とそういう競馬以外はできなくなった可能性も高い。その葛藤に基本的にはガンガン行きたい派の後藤はどういった答えを出したんだろうね。
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment