今週の競馬(3/20~21)

今週は本当にいや~なことがいっぱいありまして…。

でもその分、いろいろな人が慰めてくれたり、フォローしてくれたりもしまして。

だから帳尻合わせて余りあるというか、今ではむしろいい気分だったりするから不思議です。

人の優しさに触れられるのは幸せですね。三十路♂が言ってもキショいですけど(笑)


まぁでも、思い切り落ちたことには変わりないのでね。
だからせめて今週は、呪いは勘弁してほしい(笑)

【ファルコンステークス(G3)】
◎サリエル

前言撤回でキングカメハメハ産駒、買います(爆)
この馬が走ることは頭になかったので…ってことで(^^ゞ

もう現コースでのレースもあと2週なので手の内を明かしちゃうと、中京の芝1200、特にオープンレベルのレースでは下のような棲み分けがあるんですよね。

~1.07.5 サクラバクシンオー産駒
1.07.0~1.08.5 サンデー系
1.07.5~ ミスプロ系
1.08.0~ ノーザンダンサー系

決着タイムがどこになる馬場かで、それに対応できる血統を容易に選別できる。ここ数年の中京芝1200は全部こんなだ。開催の早い時期に行われるファルコンSとテレビ愛知オープンでサクラバクシンオー産駒がやたらと走るのも、逆に開催最終日のCBC賞や尾張Sでそれが完全にひっくり返るのも、中間の位置で行われる高松宮記念では、いくつもの血統傾向が交わる中ではやはりサンデーが強いということも、これが全部説明がつく(ちなみに、上記は古馬オープンレベルでのタイム換算なので、ファルコンSは+0.9秒で計算すればいいと思う)。

というわけで、例年と違って、ガッツリ使い込んだ馬場でのレースにも関わらず、「サクラバクシンオー産駒が強い!」と言われるであろうこのレースを待っていました(笑)

今の馬場はミスプロ系とノーザンダンサー系の範疇。となれば、その2つを足して2で割ったような位置付けのキングカメハメハ産駒でしょう。サリエルは1200では芝でもダートでも安定しているし、能力面でジュエルオブナイルやダッシャーゴーゴーに劣らないこともはっきりしているからね。


そうそう。今日新馬勝ちしたバトルイグアスは、菊花賞で買うのでくれぐれも呪わないように(笑)


スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment