一人POG2010(2)

いざ書き始めたら、全く手が進まん・・・(^^;
というか、やる気出ねぇ(爆)

まだ今週中にマルチメトリックの話とか有馬の話とかこの一年の話とかしたいんだけどね。まぁ、夜勤中はこんなもんですから(爆)


<Aさん 3巡目>
アプリコットフィズ(牝 美浦・小島太厩舎 父ジャングルポケット)
厩舎が大いに不安ですが(笑)新馬戦で一番強い競馬をした牝馬はこの馬だと思うのでね。年明けはフェアリーSかららしいので、ひとまず賞金加算を。

この馬はAさんが指名するだろうと思っていました(笑)。でも、それだと某愛馬は指名できなくなっちゃいますよね?!


<Bさん 3巡目>
ラブミーチャン(牝 笠松・柳江仁厩舎 父サウスヴィグラス)
Aさんは指名しないだろうと思っていたので残していました。春は桜花賞路線でいいよ。夏にスパーキングレディーCとか佐賀で勝ってくれれば。

はい、キター(笑)。全日本2歳優駿はとにかく強い競馬でしたね。今の中央のダート馬にはないスピードがどこまで活かせるでしょうか。


<Cさん 3巡目>
アドマイヤテンバ(牝 栗東・橋田満厩舎 父クロフネ)
行きたがる牝馬を2000でデビューさせて競馬を教えるのはダイワスカーレット的でいいですね。適条件は桜花賞かもしれませんが、血統的にはやはりオークスで期待。

デビュー戦のパドックを見た印象では、成長のピークはまだまだ先といった印象でした。でも、アドマイヤグルーヴの仔らしい弾むような馬ですよね。難しかったお母さんをうまく育てた橋田厩舎なら、この仔もきっと開花すると思いますよ。


<U-KI 3巡目>
エーシンウェズン(牡 栗東・野中賢二厩舎 父トリッピ)
エイシンアポロンがクラシック路線に行ってしまえば、短距離を主戦場にする馬はいないもの同然。ダノンシャンティが相手ならNHKマイルは苦しいかもしれないから、とりあえずシンザン記念、アーリントンC、NZTといった隙間を狙って。秋はダート替わりで年末の園田まで頑張れ(笑)


<U-KI 4巡目>
スティールパス(牝 栗東・松田国英厩舎 父ネオユニヴァース)
すでに2、4着馬が勝ち上がった新馬戦でぶっちぎりの勝利。当然芝はアリだろうし、ダメでも厩舎的に関東オークスを使ってくれそうだから。


<Cさん 4巡目>
レッドクロス(牡 美浦・藤澤和雄厩舎 父ブライアンズタイム)
毎年恒例BT枠です(笑)。新馬戦に強い血統なので持ったまま勝ったのはアテにならないが、いいエンジンは確実に持っているので皐月賞で期待。

いつものBT枠ですね(笑)。新馬戦のインパクトはシャガールとのコントラストもあったからなぁ…まぁ、マイミクさんの一口馬でもあるので応援してますけど。


<Bさん 4巡目>
オウケンサクラ(牝 栗東・音無秀孝厩舎 父バゴ)
とりあえずBGを。牝馬同士ならそこそこ走れるのでは。

この2走は不運に見舞われていますが、走りそうな馬ですよね。2000にこだわる必要はあんまりないようにも思いますが…。


<Aさん 4巡目>
ヒルノダムール(牡 栗東・昆貢厩舎 父マンハッタンカフェ)
能力は未勝利勝ち時のラップが証明している。スピードもスタミナもセンスもあって、3冠全部に対応できそうなところがいい。

取られた…まぁ、覚悟して見送ったのだけども。この馬はボクも本当に走る馬だと思います。厩舎も鞍上も期待できるというのもいいですね。



(残りはおいおい←オイ)




スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment