一人POG2010(1)

さて、今年もこの季節がやってまいりました。恒例の「U-KI@ニセ門番の一人POG」でございます。私U-KIさんが、架空の3名とともに注目の2歳馬をPOGドラフト形式でピックアップするあの企画でございます。

ルールは簡単。それぞれ種牡馬の異なる牡馬4頭、牝馬4頭を順不同にドラフト形式で指名していきます。昨年までの「それぞれの母父馬も異なる」というルールは、そこまで一人で考慮しながら作ると頭が痛くなるため(笑)撤廃しました。悪しからず。
そして、今年も参加者として、いつもの御三方に来ていただきました。Aさん、Bさん、Cさんです!!拍手(パチパチパチ)

指名順はAさん→Bさん→Cさん→U-KI。ウェーバー方式のため、偶数巡目の指名はその逆の順序になります。
それでは早速まいりましょう!




<Aさん 1巡目指名>
ソリタリーキング(牡 栗東・石坂正厩舎 父キングカメハメハ)
どういう使い方をされるかははっきりしないけど、兄弟の戦績を見ても、デビュー戦を見ても、ダートは超走ることは間違いないですからね。最低でもJDDは勝ちますよw

というわけで、今年もダート路線の大物から売れるという、他とは一線を画した(笑)いかにもこのPOGらしい指名からスタート。たしかに現状、無敵級に強そうですからね。あとは鞍上様次第、といったところでしょうか(^^;


<Bさん 1巡目指名>
ビッグバン(牡 道営・角川秀樹厩舎 父ネオユニヴァース)
全日本2歳優駿はスタートでぶつけられて流れに乗り損ねただけ。血統的に芝でもいけるだろうからひとまず皐月賞TRで、その後は伏竜Sへ(笑)

やっぱり(笑)。Bさんの1位は、予想通りというべきか、地方のナンバーワン牡馬でした。ソリタリーキングがいなければAさんの指名もあるかと思ってましたけどね。今から2頭の対決が楽しみです。


<Cさん 1巡目指名>
ドレスアフェアー(牡 栗東・橋口弘次郎厩舎 父スペシャルウィーク)
本格派血統のデビュー勝ちは価値がある。少なくともリーチザクラウンよりはお利口さんに走るでしょう(笑)

と、これまた意外な指名。リディル、ローズキングダムではなく、橋口勢の3番手を1巡目ですか(^^;


<U-KI 1巡目指名>
シンメイフジ(牝 栗東・安田隆行厩舎 父フジキセキ)
無難なところでスマン(笑)。それは冗談として、阪神JFで一番いい競馬をしたのはこの馬でしょ。休み明け、内有利の馬場でよく来てると思うよ。それにこの後の1~3月、牝馬路線の勢力図はガラッと入れ替わるんだろうけど、4月になればきっとまた元に戻ると思うんだよね。有望株と言われる馬たちは現状みんな賞金を持っていなくて、これからの3ヶ月で頑張らなきゃいけないから。で、その無理が本番になって出てくるはず。そして、9月時点で1年分の出走権を確定させたことでできた余裕が、逆にこの馬を再浮上させると思うんだよ。
少なくとも阪神JFを見た限り、だいぶ普通に走れるようになってきた。鍛えられる馬だというのも大きな利点。だから春にはきっともっと良くなっていると思う。


<U-KI 2巡目指名>
メイショウホンマル(牡 栗東・西浦勝一厩舎 父キングヘイロー)
新馬戦を見たときから「クラシックはこの馬をずっと追いかける」と決めてました。12年前に父の成し得なかったクラシック制覇をこの馬で。東京の2400はピッタリだと思うし、カワカミプリンセスの弟なら京都の3000でもイケるでしょ。


<Cさん 2巡目指名>
ヴィクトワールピサ(牡 栗東・角居勝彦厩舎 父ネオユニヴァース)
強いですよね(笑)。現状、弱点らしい弱点はないけど、ダービーよりは皐月賞向きのように思います。

今年はアンライバルドが「ダービー向き」と言われて皐月賞を勝ち、ロジユニヴァースが「皐月賞の方が」と言われてダービーを勝ちました。さてこの馬はどっちでしょう?


<Bさん 2巡目指名>
ブルーミングアレー(牝 美浦・小島茂之厩舎 父シンボリクリスエス)
先生が乗った赤松賞以外は非常にいい競馬。厩舎的に今後も栗東留学を望める。でも、第一希望は関東オークス。

ですよね、やっぱり(笑)。関東オークスはともかく、現状では秋華賞はこの馬だろうと私も思います。


<Aさん 2巡目>
ダノンシャンティ(牡 栗東・松田国英厩舎 父フジキセキ)
デビュー戦の上がりラップ11.0-10.9は驚異的。松国ローテでいけばNHKマイルは最有力だと思う。

たしかにラップはあのラップは初めて見た数字でした。厩舎的にこの先鍛えすぎでこのスピードが削がれなければいいんですけど(^^;



(3巡目以降はまた明日。今日はとりあえず眠たい(爆))




スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment