阪神ジュヴェナイルフィリーズ2009

今週は普通にみんな本命が被るだろうから先出ししときます。
と言って被らないかもしれないけど、それならその方が(笑)


【阪神ジュヴェナイルフィリーズ(G1)】
◎ラナンキュラス

外回りコースで施行ようになって3年。共通してるのは勝ち馬が翌年の5月に東京2400で勝利しているということ。要するに、翌年のクラシック戦線の顔になる馬がきっちり勝っているレースということだよね。となれば、今年のメンバーで顔になれる存在はこの馬しかいない。他とは流れている血と背負っている宿命が違うもの。不動の本命と言っていいんじゃないかな。

まぁ、前走は負けたけど、何ら悲観する内容じゃなかったしね。というか、ああやってテンから全力で行って、最後まで歯を食いしばって走った経験は、その次走以降、絶対に大きな力になる。だから今回のラナンキュラスはきっとこれまで以上のレースを見せてくれるはずだよ。

ラナンキュラスの相手としては、抽選を突破してきたらマイネアロマかな。まぁでも、前走黄菊賞2着というのはすげぇ嫌だよね。それが理由みたいだし、それで不必要に注目されちゃうしね。黄菊賞を見ながら「あーあ」って思ったもん。


あとは軽くジャパンカップ・ダートの感想を。

去年、今年とほぼ同じ結果になったことで、阪神1800でのこのレースがどういったレースなのかというのがより鮮明になったな、というのが第一印象。まぁ、わかりやすくなったのはいいことだけど、ぶっちゃけ、あんまりわかりやすくなられても困りものだったりするわけですが(^_^;

◎アドマイヤスバルは3着まで僅差の惜しい5着という結果に。まぁでも、よく頑張ったよ。もっとレースに参加しないことを想定していた(というか希望していた)身としては、あれだけ攻めて行ってなお最後までジリジリと伸びていた姿を見せられたら、「よく頑張ったね!」と言ってあげる他ない。惜しむらくはティズウェイを捌くときに外に出すのではなく内に入れて欲しかったですが…まぁ、そういうことは言い出したらキリがないですからね。

個人的には、アドマイヤスバルの好走が示しているように、ほぼ想定通りのレースになったこともあり、それぞれの馬が昨日なぜ走って、なぜ走れなかったのかを正確に掴めているつもり。とはいえ、その割にフェブラリーSが全然見えてこないからイライラしてるんですけどね。フェブラリーSで買いたい馬として真っ先に思い浮かんだのがワイルドワンダーだったもんなぁ。昨日走ってねーのに(笑)
スポンサーサイト

2 Comments

U-KI@管理人  

>sunさん
思い浮かんで、もう消えているんで大丈夫です(笑)>ワイルドワンダー

2009/12/08 (Tue) 23:56 | EDIT | REPLY |   

sun  

すみませんフェブリーSで買いたい馬かぶってるんですけど(笑)マイネアロマはたいして人気にならないでしょう

2009/12/08 (Tue) 16:09 | EDIT | REPLY |   

Post a comment