今週の競馬(8/22~23)

今週はトパーズSでシーポラリスを買いたかったんだけどなぁ…。

かなりの好メンバー&ハイレベルの一戦だけど、それでも厳しいレースでも崩れずに走ってきた強みでこの相手でも馬券圏内に来れると見込んでいたんだけどねぇ。まぁ、マージービートが今週除外になったことでアドマイヤテンクウとタイセイレジェンドから離れられたから、この分はマージービートの次走でお金にするとしよう。


さて、今週の注目馬です。

【土曜・小倉4R 2歳新馬】
◎メイショウデイム

まずはこの数字を見てよ。

7/23 56.2-13.2(16.0-13.7-13.3-13.2)
7/26 61.5-14.1(17.9-15.0-14.5-14.1)
7/29 54.4-12.5(15.6-13.4-12.9-12.5)
8/05 54.1-12.5(15.4-13.5-12.7-12.5)
8/09 56.3-12.6(17.0-13.6-13.1-12.6)
8/12 52.3-12.3(14.6-12.9-12.5-12.3)
8/16 62.6-13.1(18.1-16.5-14.9-13.1)

これはこの馬が坂路で時計になるところを乗ったときに計時したタイムなんですけどね。とにかくどの日も“下り坂ラップ”を計時しているのが素晴らしい。まだ早いこの夏の時期に2歳牝馬が傾斜のきつい栗東の坂路でこのタイムを出し続けるのは、この馬が高い基本能力と心と身体の強さを持っているということを表しているに他ならない。今週に入って追い切られていないのは気掛かりではあるけども、長い目で注目していきたい馬だ。

ちなみに、去年もこの時期に同じような追い切り時計を出していた馬が1頭いたんだよね。その馬の名はロジユニヴァース。

まぁ、ロジユニヴァースの場合は、最終追い切りでテンからぶっ飛ばしたラップを刻んだために最後だけちょっと上り坂だったんだけどね。でも、この馬のその後の活躍ぶりにそんなことはいちいち言うまでもないわけで。走る馬はちゃんとデビュー前からその片鱗をしっかりと表している。メイショウデイムもそうなればいいな、と思う。


まぁしかし、P-1のメイショウデイムの指名数が8/12の追い切り後に急増しちゃったんだよね。おかげで指名を外さざるをえなくなったぐらい。去年のロジのときもそうだったけど、せっかく早い時期にその素質に気づいて指名していても、デビュー直前にそれを無にされるのは本当に興ざめするよね。


スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment