ダービーのまとめの前に日本代表&CL決勝

金曜の夜行バスの予約が取れなかったおかげで時間ができたので、ダービーのまとめは明日に回して、今日はサッカーの話題です。ダービーの話を楽しみにされていた方はゴメンなさいm(_ _)m

さて、昨日、日本ではキリン杯、ローマではチャンピオンズリーグ決勝が行われたわけですが。

こういう人間は日本中のサッカー好きを自認する人間の中でもマイノリティなんでしょうが、
俺、ぶっちゃけ、日本代表に一番ココロオドリました(^^ゞ

特に4点目ですよね。素早いボール奪取から、香川→矢野→山田とつないで、最後は本田がワンタッチで逆サイドネットに完璧に決めたあの形、あのゴールに、ジーコの代表監督初試合となったジャマイカ戦で小野がゴールを決めたときのように、日本サッカーの光輝く未来を見た気がしたのは、俺だけでしょうか?

もちろん、背景として、中盤から後方のプレイヤーたちが若い彼らに「お前ら、自由にやっていいぞ」「点獲ってこい。あとはまかせろ」ってお膳立てしてたことは見ていてよくわかったし、あの得点はそのおかげという側面も大きい。だけど、実際に形にしちゃったわけだからね。そこに異論を挟む余地はないよ。

特に山田と香川には本当に期待したい、とCL決勝を見てより一層強く思った。もし彼らが“日本のシャビ&イニエスタ”と呼ばれる日がやってきたなら…。そのときはきっと世界のどこに出しても恥ずかしくない日本代表になってると思うんだ。

さて、彼ら2人を中心に、今やマンUやアーセナルも採用して世界の最先端システムとなっているバルサ型4-3-3に日本人プレイヤーを配置して、数年後の日本代表に思いを馳せてみましたよ。バルサやアーセナル、マンUのプレイヤーたちに準えて見てみてください。

200905281840.jpg

いかがでしょう?それぞれの人にそれぞれの意見があるところではございましょうが…

それにしても、昨日の代表戦で若きプレイヤーたちの可能性と同じくらいに驚いたのが、岡田さんがこれに近いシステムを敷いてきたこと。昨年、大久保や達也、玉田たちチビッ子2トップを採用したときには、マンUのルーニーとテベスをイメージしているんだろうなと思ったものだけど、ベストメンバーを組めないテストゲームとはいえ、ここで世界の最新型を使ってこようとは。

世の中ではいろいろ言われているけど、改めて「俺は岡田さんのサッカーが好きだなぁ」と思った次第。でも、若き彼らに懸けた夢を実現させるべく、14年ブラジルW杯代表監督には、札束攻勢でヒディングを連れて来てほしいものです(笑)

チャンピオンズリーグの決勝は、言うまでもないけど、一にも二にもイニエスタ。
イニエスタ!イニエスタ!!イニエスタ!!!って感じだよ。

彼のことはリーガ初出場の試合から見ているだけに、ここまでのプレイヤーになったのかとその成長ぶりには本当に感慨深いものがある。昨日の試合を決めたのは、間違いなく、彼の存在。1点目につながる中央突破がすべてを決めたんだ。
俺は「世界一のプレイヤーとはチームを世界一に導くプレイヤー」だと思ってるんだけど、その意味で、俺の中では、紛れもなくイニエスタが世界No.1プレイヤーだよ。

あと、余談ですが、シウビーニョの身の程を弁えたプレーぶりが個人的に非常にツボでした(笑)
スポンサーサイト

2 Comments

U-KI@管理人  

>Scanさん
返事遅くなりました。

森重は元々ボランチだったですね。そんな感じじゃ全然ないけど(笑)

麻也を入れたのはかなり苦肉の策。今の日本に1人であそこを任せられるプレイヤーはいないですもんね。大分で森重をボランチに戻して覚醒させてください(笑)

2009/06/01 (Mon) 08:22 | EDIT | REPLY |   

Scan  

この間の日本代表のシステムは、大分では「シャムスカのパクリ」ということになっています(笑)。
FWのいない今の大分は4-5-1で少し持ち直した感がありますよ。

ちなみに森重と吉田は逆の方が面白そう。
アジアを勝ち抜くには吉田の高さの方が通用しそうですし。
森重は元々ボランチでしたし。

あと、今の若い世代は悪条件下のアウェーでどこまで戦えるか。
見てみないと何とも評価しづらいです。

2009/05/30 (Sat) 02:28 | EDIT | REPLY |   

Post a comment