お久しぶりです

ずいぶんと開けてしまいましたね。

忙しかった以上にいろいろと考えるところがあって、意図的に更新していなかったんですけどね。ただ、そうこうしているうちにt-horyさんに先を越されてしまって・・・(苦笑)

しょうがねーから、続けるとしますか(笑)

t-horyさんには、オレは誰よりもお世話になってきて、いろいろ思い浮かべると言葉も浮かんでくるんだが、それを並べたところで逆に薄っぺらく、むなしく感じさせるだけなのでやめときましょうかね。


さて、更新を怠けまくっているPOG。kcさんには本当に申し訳ない気分でいっぱいだ。

<NZTを終えて>
スズカコーズウェイ=外枠を引いた時点でこういうレースでこういう結果になることを覚悟していたから、「あぁ、やっぱり」という感じ。
この馬の最大の良さは、乗りやすくて小回りがきくこと。だから、相手がそれとは対照的なコンティネントなら負ける気はしない。でも、能力が特別に抜けているわけではないので、他に合わせたレースで他よりもロスをもらってしまうと、やっぱりこういう結果になってしまうね。

<桜花賞の前に>
ダイワスカーレット=この馬に限らず、とにかく無事に回ってきて、いいレースをしてくれたら、それで十分。この馬に勝ってもらいたい気持ちもあるけど、ダービーを走るウオッカを見たいという気持ちもある。ただ、それ以上に、何か特別な見られそうな気がする、こんなワクワク感を抱かせてくれただけで十分。もう何も注文はないよ。
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment