高松宮記念 2009

懸案材料はいろいろと多いんだけど、改めてシンプルに考えて結論を出しました。

【高松宮記念(G1)】
◎ファリダット
○ソルジャーズソング
△スリープレスナイト
△トウショウカレッジ

一応、基本傾向をおさらいしておくと、
・時計、前レースまでの決着傾向を問わず、差せるレース
・サンデー>>>ミスプロ>>>>>>>バクシンオー

G1レースですからね。誰もが勝負してくるわけで。そうなれば当然先に脚を使っている馬ほど厳しくなる。それが差せるレース傾向の要因。で、末脚比べとなれば、確かなスピードと瞬発力、そして最後にもうひと伸びする底力が求められるわけで、それがサンデー絶頂の理由なんでしょうね。

ファリダットの◎は改めて言う必要もない気がするけど…。血統、気性、最近のレースぶり、どれを見てもこのレースに向かっている。今まで溜めてきたもの、不適な条件を抑える競馬で不自由に走らされてきたものを今回いよいよ解放すれば、一気の覚醒を見せてくれるでしょう。2番人気で6倍台の人気も想定よりオイシイぐらいだよ。

ソルジャーズソングはサンデーだから(笑)。でも、それだけじゃなくて。この馬、ゲートが非常に悪いことで有名なんだけど、後入れの偶数枠での出走(芝のレース)だと実は(1.2.1.0)だったり。で、今回はその偶数枠。
持っているエンジンが優秀なのは、毎度スタートで不利を重ねがらも良績を残してきたことでもわかる。だからこの馬も今回覚醒するチャンスはあると思ってるんだけど。

ちなみに、ソルジャーズソングは最後入れの18番を引いたら◎を打つつもりでした(笑)
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment