次戦は大会の存亡にかかわる大一番!?

米国がプエルトリコにコールド負け=WBC2次ラウンド2組(スポーツナビ)

前回大会と北京五輪のチャンピオン、前回大会で辛酸をなめさせられた隣国に加え、さらには国家的野球チームまで、対戦することのないようにわざわざ別ブロックに組み込んだにも関わらず、このザマなんですねぇ~(笑)

で、一旦は実現不可能かと思われたアメリカとオランダの対戦が確定。

自称・野球の母国アメリカと、成長著しく勢い最高潮のオランダ。これは、私個人的に、もっとも見てみたかった対戦カード。だって、面白そうじゃない?普通に「オランダがアメリカをやっつけてくれたら、どんだけ気持ちいいんだろう…」って思うし(笑)

ただ、本当にオランダがアメリカに勝ってしまうと、いよいよアメリカが「もう第3回大会はやらないから~」とか言い出しそうなんだよなぁ(笑)。それでも全力でオランダを応援するけど(爆)

まぁ、日本としてはWBCがなくなってしまうのは惜しいんだろうけどさ。でも、潰しちゃおうよ。アメリカも大会も。


ていうか、今週は野球も見たけど、それ以上にサッカー見まくりの1週間でございまして。

観戦試合数計、10試合(笑)。で、その内訳がこちら(時系列順)。
<ACL>
蔚山現代-名古屋グランパス
水原三星-鹿島アントラーズ
<UEFA CL>
リバプール-レアル・マドリー
ローマ-アーセナル
ユベントス-チェルシー
バルセロナ-リヨン
<Jリーグ>
大分トリニータ-京都パープルサンガ
モンテディオ山形-名古屋グランパス
<プレミアリーグ>
マンチェスター・ユナイテッド-リバプール
アーセナル-ブラックバーン

こんなに見たから、最後の方はだいぶ飽きてきてたけどな(笑)。でも、マンU-リバプールがとっても面白かったから、今なおいい気分だったり。

この10試合を見た中で驚いたのは、マンUと鹿島の前週との変わりっぷり。「どうしたの?」ってぐらいに試合内容が落ちちゃって…。今日も鹿島は普通なら負けるはずのない相手に負けてたしね。今日の試合がどんなだったかは見てないからわからないけど。

また、マンUはクラブW杯前後からの連続無失点試合が止まったことで、一つのピークが終わった感がありあり。シーズンの流れだからこうなるのは普通のことなんだけど、CLはこれからが特に厳しくなっていくところだから、それがどうか。逆にバルセロナとリバプールは、一旦下がっていたバイオリズムが一気に上向きになった感じがしたね。

というわけで、全国リーディングに4連続重賞制覇と、ただいま絶好調の大天才ジョッキー様も、1番人気のG1レースを迎える頃にはピークが終わっているんじゃなかろうかと思っているのですが…(笑)
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment