インソムニア

いまだ興奮冷めやらぬ、という感じで眠れないので、更新。

名古屋、ACL初白星…攻めを貫いて逆転!(サンケイスポーツ)

ぶっちゃけ、攻めを貫いていた印象はまるでないんですけどね(苦笑)

ただ、試合を完全に支配されていたにもかかわらず、セットプレーからの3得点でひっくり返してしまったあたりは、昨年までとは違うというか、着実に地力がついてきたのかなぁ、と。“しっかりせぇ!”と思うことは多いですけどね。本当に。まぁでも、今日はとりあえず勝ったことが重要なので、よかったよ。微妙な心境だけど(笑)


ていうか、今日、本当に興奮させられたのは、実はコチラの試合だったり。

オランダ惜敗、プエルトリコは2次ラウンド進出決定=WBC・D組(スポーツナビ)

いやぁ、本当に惜しかった!
勝たせてあげたかったなぁ。

下馬評では完全に上とされる相手に真っ向からぶつかって行って、やっつけてやろうという、オランダチームの気概、情熱、そのピュアさに、俺は心を打たれたよ。心底、がんばれ!って思ったもんな。おかげで、朝から出掛ける寸前まで、試合全部見ちゃったし(笑)

ただ、発展途上のチームの宿命ではあるんだけど、ピッチャーが交代するたびに弱くなっちゃうのが、ね。7回の1死満塁までは何とか乗り切られても、8回の同様のピンチはそうもいかず…。ぎりぎりまで頑張っていたんだけどね。最後は格の差で寄り切られてしまいました。

でも、こういうオランダみたいなチームがこうやって番狂わせ的な試合を見せて、多くの人たちの心を掴んでいくことが、WBCという大会を曰く付きながらも開催している、何よりの意義になっていくんだと思ったよ。俺もそうだけど、地元チームが8回裏まで大苦戦するところを見せ付けられたプエルトリコの人たちの心にも、野球オランダチームの存在は深く刻み込まれただろうね。

あぁ、明日のオランダ-ドミニカも見ちゃうんだろうなぁ(笑)
そのためにも、そろそろ寝るか。おやすみぃ...zzz





スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment