山は動くか

フェブラリーステークスは、ちょっとショッキングなレースでしたね。シーキングザダイヤとアジュディミツオーのあの負け方を見ると、いよいよ1つの時代が終わったかという気がします。対して、移りゆこうとしている時代に背きたがる自分は…。
マスコミ人としては、これじゃいかんですね(苦笑)

それにしても、いよいよアンカツは騎手として最上段まで上り詰めてしまったようですね。これまで彼にしかできない歴史を作り続け、それももはややり尽くしたかと思っていたのですが、彼は歴史を越えて伝説になろうとしているのでしょうか。

アンカツの騎乗で1つ、とても印象に残っているのが、去年の夏の札幌日刊スポーツ杯。
おそらくそれまでの彼なら、前に位置することで普通に勝ちに行ってであろうレースで、負けることを恐れずにスズカフェニックスの競馬に徹しきった。結果3着で、◎で買っていた自分の馬券は外れることになったけれども、むしろ清々しく、ああいう競馬をしてくれてとてもうれしかったことが、今でも記憶に残っている。

これ以上ない手駒を揃えている今年、いったいアンカツはG1をいくつ勝つのだろうか。ユタカの騎乗馬と比較しながら考えてみた。

      アンカツ       ユタカ 
桜花賞=ダイワスカーレット  アストンマーチャン
皐月賞=フサイチホウオー   アドマイヤオーラ
天皇賞=ドリームパスポート  アドマイヤメイン
かしわ記念=サンライズバッカス  シーキングザダイヤ
NHKマイルC=スズカコーズウェイ  アストンマーチャン
Vマイル=キストゥヘヴン    アドマイヤキッス
オークス=ダイワスカーレット (未定)
ダービー=フサイチホウオー  アドマイヤオーラ
安田記念=ダイワメジャー   アドマイヤムーン
宝塚記念=ダイワメジャー   アドマイヤムーン

これはあくまで予想だけど、アンカツのこのラインナップはちょっとスゴい。
翻って、乗り馬の予想すらできないところがあるユタカ。復帰してからというもの、今イチ冴えない騎乗が目立つ。勝ち鞍も伸び切れないどころか、アンカツに突き放されている。大丈夫か?ユタカ。

今年はいよいよ山が動くかもしれない。そう思うと、つまらなかった競馬にも少し楽しみが出てきた。
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment