朝日杯フューチュリティステークス2008

【中山11R 朝日杯FS(G1)】
◎ブレイクランアウト
○エイシンタイガー
▲ホッコータキオン

ブレイクランアウトでいいでしょう。普通に1番強いと思うし、レースぶりを見ても府中より中山のが適性がありそう。ていうか、中山マイルはベストだろう。まぁ、あとは鞍上の“腕”と(笑)、馬群を割れないところ(周りの馬に合わせちゃうところ)だけど、そこはハイペース必至となれば、他の馬とは一瞬ですれ違えるだろうから。

エイシンタイガーは先週の黒松賞のレースぶりがそれまでとは見違えるよう。能力が開花して、即連闘となれば、同じパフォーマンスを期待してもいいのではないか。経験豊富でどんな競馬にでも対応できる点も吉。

ホッコータキオンは何でこんなに人気ないんでしょうね?何でって鞍上なんだけど(笑)。でも、デイリー杯のシェーンヴァルトとのクビ差が、ブレイクとの馬連で2,000円の差になっているのが信じられません。
まぁ、ここ2戦、逃げてレコード駆けしているわけだけど、必ずしも逃げる必要があるわけじゃないしね。この枠なら他の馬が速いペースを作ってもらって、それに付いていく楽な競馬ができると思う。

とりあえずシェーンヴァルト、セイウンワンダー、フィフスペトルは全部消し。だって、安いもん(笑)。ていうか、シェーンヴァルトとセイウンワンダーは終わってる可能性も十分にあると思うからね。そのリスクを考えたときに、このオッズはやっぱり怖いよ。


~おまけ~
だん吉、直美のおまけコーナーみたいな感じで(爆)

【阪神11R 阪神カップ(G2)】
◎ステキシンスケクン
羞恥心がブレイクしたバカ・ブームの1年の締めに、バカ馬シンスケの単騎逃げ。

スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment