ジャパンカップ・ダート2008

昨日の馬券成績がこんな感じでして。

阪神5R ◎ケイアイフクノカミ 13番人気4着
阪神9R ◎モエレサマー    14番人気4着

ようやくアンテナが戻ってきたかな。まだまだ受信できてないけどさ(笑)。でも、去年、一昨年ぐらいは2歳戦を見ていても感じるところがなかったけど、今年はちょっとだけ見える気がするよ。あとは完全受信だね(笑)

というわけで、ジャパンカップ・ダートの前に今日の勝負レースから。

【阪神9R 千両賞】
◎ピースピース
○カイシュウボナンザ
▲リーチザクラウン
△ラヴィンライフ
京都では上がりが速すぎてたピースピースから。自分の脚はいつもきっちり使っていて、どのレースでもメンバー最速レベル。阪神が合っていることも4走前にアディアフォーンをぶっちぎったことで証明済みだから。
まぁ、リーチザクラウンのあのレースはそうそうできるものではないですからね。そもそも表裏一体の危ういところを含んでいる血統なんだから。

【阪神11R ジャパンカップ・ダート(G1)】
◎ヴァーミリアン
○カネヒキリ
▲ワンダースピード
△サクセスブロッケン
ただでさえレースが紛れるジャパンカップ・ダートが阪神に替わって小回りになって、さらにその要素が増した感。となれば、レースに合わせて競馬ができる馬、ジョッキーの瞬時の判断に応えられる馬がより浮上してくるのではないか。
でも、これ以上浮上する余地がないというか、すでに最も高い地位にいる馬に◎を(笑)。だって、ヴァーミリアンの何よりの武器はレースに行って素直なところ、その操縦性なわけで。だから手変わりが影響するとも思えない。とにかくレースが紛れれば紛れるほど、この馬のレースセンスが生きることになると思うんだよね。
それはカネヒキリとて同じ。一見不器用そうでも、求められれば応えられる引き出しは持っている馬。まぁ、2年以上休んでいて、たった1回使ったところでそれがすぐにできるかどうかは微妙だけどね。ただ、前走はワナだと思っても次に買いたくなるような好レースだった。あのときに思ったよりは、単4番人気11倍はまだ高い。


スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment