ジャパンカップと有馬記念と

【有馬記念(G1)】
◎カワカミプリンセス
○サクラメガワンダー
▲スクリーンヒーロー
△オウケンブルースリ
の予定だったんですけどねぇ。。。

まずは有馬の予想の前にジャパンカップの回顧から。

スクリーンヒーローは実にシルヴァーホーク~グラスワンダーらしいステイヤーというか、近親のマルカラスカルとソックリで、母父がトニービンからサンデーに替わった分、軽くスピードと機動力がプラスされている馬。
という印象が、覆されました(笑)

母父サンデーだから府中で走ったこと自体は驚かないけど、前走までと考えるのが普通だよなぁ。で、グラスだし、次の有馬記念で買う、というのが。う~ん。どうしてこんなビッグゲインをいきなり見せたんでしょ?誰か教えてください。

まぁ、現役時代、ライバル関係の3頭の中で唯一ジャパンカップのタイトルを手にできず、それどころか、出走することすら叶わなかったグラスワンダーの執念が、スクリーンヒーローに宿って花を咲かせたということですかね?いい話なので、そういうことにしときましょう(笑)

▲ディープスカイはとりあえず“左回りなら日本一強い牡馬”の座には着いたってとこかな。ただ、2戦連続で叩き負けているのは非常に気になるポイント。まだ一皮剥ける要素はあると思うけど、去年ダイワスカーレットに感じたような末恐ろしさはないよね。
ウオッカはよく走ってる。前走も今回も、それまでよりさらに1つ上のステージに上がったようなレースを見せている。もし次にマイル近辺の距離に出てきたときには、歴史が動くようなパフォーマンスを見せてくれるんじゃないかな。それにしても、こないだのダイワスカーレットといい、今回のウオッカといい、完全に一度下がったところから盛り返した姿には本当に頭が下がる思いだ。
マツリダゴッホは後に回してオウケンブルースリ。予想のときに書き忘れたけど、この馬はネオ・レニングラードでしょ。これまでのレースを見ても2400より2500向き。東京2500的な阪神2400の神戸新聞杯がディープスカイを倒せそうなレースだったのもその辺の適性から来ている。
◎メイショウサムソンと○アサクサキングスはこんなもんなんでしょう。結局この2頭の関係はいつも順番でいつもの着差だもんね。宝塚後に「このメンバーに出ていない馬たちが加わったら…」と書いたけど、加わったらこうなるってことが実証されました。何で買ってるのかね?オレは。


さて、有馬記念に向けて。

まず、前提として忘れてはいけないのは、去年の有馬記念は特殊なレースだったってことだよね。突き抜けたマツリダゴッホはともかく、ダイワスカーレットは多分に馬場に助けてもらっていることは言うまでもない。

で、そのダイワスカーレット。さすがに今度こそ、ある程度下がるだろう。去年以上にスピードに特化してきているのと、血統的に守備範囲が広いのと、どっちが出るか。かなりの部分は相殺できるとは思うけど、去年以上に強くなったマツリダゴッホを背負わないといけないのは、やはり大きなハンデだろう。投げ出す馬ではないだけに、ズルッと下がることはないだろうが、3~5着ぐらいがこの馬の居場所だと見ている。

そして、マツリダゴッホ。これは歴史の授業になるんだけど、有馬記念は何かが起こるか、その年を反映した結果になるのがほとんど。もちろん去年は前者なんだけど、そのレースを勝った馬が翌年に人気を背負って、応えたケースというのを私は知らない。もちろん昨年よりはるかに強くなっていて、ジャパンカップもこれまでにない競馬だったけど、あれは“中山なら、さらに”ではなく、あれができてしまったことがマイナスにつながってくるんじゃないかな。まぁ、ダイワスカーレットより前に来ることは間違いないと思うけどね。
ちなみに、前年2着で「今年こそ」と出走してきて、成就させた馬もオレは知らん。

さて、問題のスクリーンヒーローなんですけども…。一昔前ならこの手のジャパンカップで覚醒した馬は有馬記念ではお客さんだったんだけどねぇ(苦笑)
まぁ、今でもJCと有馬を連続好走する馬はそう多くはないけどね。だから、マツリダゴッホとスクリーンヒーローは来てもどっちかだと思っているんだが…。やっぱり扱いとしては微妙だよね。


まぁ、あと1ヶ月間じっくり考えるけど、“牝馬の年”ということでひとまずカワカミプリンセスの◎は決めた。今年唯一タイトルを獲っていない有力牝馬だし、キングヘイローの有馬記念適性を考えても、アリだろう。
ていうか、予想を決定付けるために、この記事がこの1ヶ月間に現実になることを祈っています(爆)
スポンサーサイト

1 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008/12/03 (Wed) 06:10 | REPLY |   

Post a comment