ジャパンカップ2008

もうすぐ出掛けますが、その前にサクッと更新。

【ジャパンカップ(G1)】
◎メイショウサムソン
○アサクサキングス
▲ディープスカイ

とにかくディープスカイとウオッカが今回もこの秋2戦のようにある程度前々で競馬を進めてくれるなら、それはサムソンにとっては非常に好都合なわけで。去年だってすごい勢いで襲い掛かってきたウオッカがサムソンの外に併せたところで脚を吸収された。離れたところから来られたり、一気に交わされたらアレだけど、追い比べや凌ぎ合いならまだまだサムソンに分があるはずだよ。もちろん、そのためには石橋さんにはユタカが乗ってたみたいに“普通な”競馬をするんじゃなくて、石橋さんのサムソンの競馬をしてもらう必要があるんだけどね。まぁ、そういう競馬をしてくれれば、この枠だし、イン有利だし、バルクの内が開いたりもするでしょう(笑)

アサクサキングスはこの条件というか、広いコースの2400がベスト。この馬がこのレースで走れなければ、この馬というかこの世代の牡馬を今後G1で見ることはないでしょう。調教がそのままレースの結果につながる馬で、だいぶ復調してきている様子。あとは絶対能力の問題だが、そこは鞍上が神であることも加味をして。

オウケンブルースリが思った以上に人気しているようだけど、3歳馬の比較なら普通にディープスカイでしょう。オウケンはディープスカイに挑む前に、まずはブラックシェルを越えることだ。そもそも、内田がジャパンカップを勝って、世界に存在感を示すとか考えられない。

あと、ウオッカは消しで。これまで2戦連続でMAX能力を発揮したことはない馬。というか、それができないことがあの魅力的な爆発力につながっている馬だから。前走が○なら、今回は×でしょう。

馬券は、サムソンの“がんばれ!”と、印3頭の馬連かな。◎▲でも意外といいオッズなんだよねぇ。


さて、それでは行ってきます。
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment