ドーハの悲劇か(笑)

鹿島、劇的ゴールで勝利 磐田、最後に力尽きる(毎日新聞)

ロスタイム4分。で、すでに時計は49分も過ぎていて。セットプレーを素早いリスタートから岩政ヘッド→ゴールへ向かうボールを見送る川口…って、まさにドーハのアレですな。川口の姿が松永とダブッたもん(笑)

94分間必死で守ってきて、残留に大きく前進できる勝点獲得目前でこの悲劇。例の大仏様が今さら監督に就任した時点ですでに笑い話だったけど、最後の最後でこのネタを持ってくるとはセンス抜群だね(笑)

まぁ、名古屋のファンとしてはどえらい迷惑な話なんだけどな!
ったく、最終節を前にして勝点で首位に並ぶことができるかと思ったのによぉ。。。

さて、明日はその名古屋の今季ホーム最終戦に行ってきます。前売り完売→超満員ということで、開門は13:30でも朝から並びますよ。ねぇ。これで勝って、勝点で首位に並んで、いざ初優勝を懸けてラストゲームへ、となったら最高の流れだったんだけど。

でも、3月の開幕戦で過去最高に魅力的なサッカーを目の当たりにしたところから始まって、それから1年間、ずっとドキドキ、ワクワクしながらグランパスを追い続けることができて、幸せだった。明日、そして来週はその締めくくり。まずは明日、大いなる願いと祈りを捧げてきたいと思う。


岩田はひとまず大きなケガなく、明日は騎乗できるようで何より。
騎乗停止が頻発したり、落馬が続発したり。「94年のイモラ(のような流れ)か」みたいなことを言う人がいるおかげで変に意識させられてたりもするので、とにかく明日は無事にレースが終わってほしいものです。

それにしても、川田に乗り替わったことで、アンライバルドが思い切りイジメられたのは笑えたなぁ。
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment