急がば回れ

ブラックタイド
ディープインパクト
ニュービギニング

名匠池江師の心中、狙いが手に取るようにわかる三者三様のローテーションを、注意深く見ていた。

ラジオたんぱ賞で浮かんだ疑問符を拭えずに、若駒ステークス、きさらぎ賞と使い込んだブラックタイド。

自信満々で最短距離を通過していったディープインパクト。

ホープフルステークスで見せたパフォーマンスを確かめるため、敢えて共同通信杯を挟んだニュービギニング。

ホープフルステークスで賞金加算ができたニュービギニングにとって、共同通信杯は必ずしも走る必要があったレースではない。それでも、この馬の能力を開花させるため、きっちりと把握するため、そして大きな目標を達成するためには、この回り道はやはり必要だと、長年の経験から感じていたのだと思う。

このところ、皐月賞からダービーに向かう間に、1戦を挟まなければならなくなる馬、あるいは、どちらかのG1を断念せざるをえなくなる馬が目立つ。そして、そういった馬たちはまだ遠回りができるときに休んでいた馬であるがほとんどであり、また新鋭と言われる調教師の管理馬であることが多いように思う。

成し遂げたい大きな目標に向かおうとする際に、あらゆる手を打っておくことの重要性が、改めてよくわかる。作られた理想形に従うこと、最短距離を行こうとするのは簡単なことだ。それに対して、遠回りを厭わない池江師の勇気に、名匠たる所以を見た気がする。

ニュービギニングの次走は、すみれステークスだそうだ。実体を把握できたことで、師がどんな手を打ってくるのだろうか。
賞金を持っている馬が経験をも積み上げている間に、賞金も経験も少ないにもかかわらず、休んでいた馬と最終地点でぶつかったときにどうなるのか。

楽しみは尽きない。

スポンサーサイト

3 Comments

firstroad  

日記更新しましたので、よろしくです。

2007/02/11 (Sun) 21:48 | REPLY |   

FW19  

自分のHPの作成スペースにファイルを入れているので、パスワードなどを知らないと更新できません。
なので、下のような感じでレース終了後にそれぞれのブログに書いておいてもらえれば最初のうちは更新できると思います(笑)
それで、もしポイントが違った場合はこのブログ経由でメールが送られてくると思うので…

(例)
コンティネント
0→400
(レースについてのコメントetc)

2007/02/11 (Sun) 19:37 | REPLY |   

firstroad  

POGのポイントをFWさんの作ってくれた所で更新したいんですが、、、どうすればよかですか?素人にもわかるように説明プリーズw

2007/02/11 (Sun) 17:01 | REPLY |   

Post a comment