新潟&小倉 両2歳ステークス

毎年書いてますが、この両レースを予想するのはホントに楽しい。
今年も早速予想してみました。

【新潟2歳ステークス(G3)】
◎セイウンワンダー
○ガンズオブナバロン
▲ダイワバーガンディ
3回阪神で新馬・未勝利が行われるようになって以来、これまで計11クラのマイル戦が行われてきたんだけど、1分35秒台の決着となったレースでラスト3Fを34秒台で上がってきた馬はこの馬1頭しかいないんだよね。最後に急坂のある阪神、しかもまだ2歳半という早い時期でのこの数字は、スピードと体力がしっかりしているという何よりの証拠。ココは完成度の高さでセイウンワンダーが一歩リードかな。

【小倉2歳ステークス(G3)】
◎シルクナデシコ
○ノアウイニング
▲ワンカラット
△メイクデュース
△デグラーティア
とりあえず、断然人気必至のツルマルジャパンはバッサリ(笑)。初1200のこれまで揉まれたことのないストームキャットなんて消えるのがお約束でしょう。まぁ、大外枠でも引いて、ゆっくりマイペースに競馬をされたら「ゴメンナサイ」ってこともあるだろうけど、普通に考えたら、大トビだから小回りが合うとも思えないし、頭の高い馬だから抑えが利くとも思えないからねぇ。広い新潟で単騎逃げされた方がよっぽど怖かったよ。
シルクナデシコは未勝利勝ちのレースを見たときに「2歳ステークスはこの馬だな」と思ったよ。いかにもなフジキセキ牝馬。素直に折り合えて、末脚も確実。外々を回ってきたレースだったけど、走破時計も速かった。
ノアウイニングの馬場や相手が違っても3戦連続で1分9秒台前半のタイムで走り続けている点にも好感。


ツルマルジャパンは惨敗しても、オカダジャパンは絶対に負けられません。

スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment