北京五輪野球総感~必然の完敗と日本野球界の未来

紛れもなく、力負けだろう。

北京オリンピック野球日本代表チームの敗因は、実にシンプルである。
「韓国、そしてキューバが強かった」

これ以外の何物でもない。「日本が弱かった」とは言わない。「絶対的に勝てないほど大きく力が劣っていた」とも思えない。ただ、確実に負けていた。

たしかに、言われているように、ストライクゾーンや使用球の違いに戸惑いはあっただろう。そもそも普段とは違うものをいつもと同じように扱えと言われても無理がある。ピークでの戦いだからこそ、少しの違いが大きな差になったりもする。だけど、そんな普段とは違う部分ではなく、いつもの日本プロ野球と同じ部分でいくつも、そして確実な実力差があった。

2ストライク後の攻防は、その最たる例のように思えた。

2ストライクまでは簡単に追い込むことができた。だが、あと1球をなかなか決めることができなかった。決めさせてもらえなかった。ボールゾーンへと変化する球は見極められ、厳しいコースに制球してもカットされ続けた。ボールカウントは次第に増え、根負けするように四球を出してしまっていた。あるいは、コントロールミスをし、ヒットを打たれてしまっていた。バッターに粘られるうちに精神的に追い詰められていく様は見ていて痛いほどに伝わってきたし、それゆえにゲームはより重苦しくなった。

では、日本のピッチャー陣はあと1球を決めることができなかったのだろう。

その理由を端的に表している、日本の野球界でよく使われている言葉がある。
「2ストライク追い込んだ後はボール球を…」

そんなふうに言われるのには理由がある。バッターがボールゾーンの球を振ってくれるからだ。そして、アウトになってくれるからだ。簡単にアウトを奪えるから、ピッチャーは手っ取り早くボールになる変化球を投げる。キャッチャーはそのようにサインを出す。バッターは簡単に引っ掛かる…。

今回のオリンピックでも、全く同じだった。GG佐藤など外に逃げるスライダーを簡単に3つ空振りして帰ってくるという場面は、大会を通して何度あったことか。守備でのポロリは3回だったが、これは3度どころじゃない。守備面よりも特に攻撃面で期待されて選ばれた選手であるだけに、オレとしてはこっちの方がよっぽど罪深かったように思う。

でも、ピッチャーはそうはいかなかった。2ストライクと追い込んだ後でもボールになる変化球に簡単には引っ掛かってはくれない。日本でバッターに対峙するのと同じようにはいかない。初めて遭遇する世界と言うと言い過ぎだろうが、いつもとは1つ2つハイレベルのピッチングを要求されたピッチャー陣は難しい戦いを強いられていた。

要するに、日本プロ野球のレベルが低いから、日本代表チームは4位に終わったのだ。

もしピッチャー陣が普段からボール球を振らない、振ってくれないバッターを相手にしていたら、結果は違っていたかもしれない。ボール球をうまく使いながらもストライクボールで勝負できるピッチングを身に付け、ピッチャーとして1段階上のレベルに上がり、バッターを牛耳っていたかもしれない。
もしバッター陣が普段からボール球を簡単に振り回すようなことがなかったら、結果は違っていたかもしれない。簡単にアウトにならないバッターたちだったなら、精神的に追い込むことができていたなら、相手にとってもっと脅威で嫌らしい日本を印象づけることができていただろう。

でも、普段やっていないことをいきなり求められて「やれ」と言われても、応えるのには無理がある。だからこそ、この敗因には各球団の監督コーチ陣が関係している。これは決してレベルの高くないプレーをそのまま放置し、よりハイレベルなプレーを選手に求めない、身に付けさせられない彼らの責任なのだ。もっと言えば、そんな指導者たちを、そんな球界の体質を厳しく監視し、是正していない球団関係者であり、我々野球ファンにもその責任はあると言っていい。

今、日本プロ野球界は間違いなく“ぬるい”。選手も、球団も、各関係者も、日本プロ野球機構も、すべてだ。だから、その代表チームがぬるいのは当然だ。

オリンピック終了後のプロ野球で、ぬるさ象徴とも言えるプレーを目にし、悲しくなった。
8月27日の阪神-中日、8回表。2-1中日リードで迎えたこの回から登板した阪神のエース・セットアッパー久保田は、1死満塁から押し出しとワイルドピッチによってゲームを決定付ける2点を自らプレゼントした。日本のプロ野球のクオリティは2位以下に圧倒的な大差でリードして優勝に向かうチームでさえこの有様なのか。そう思うと、悲しくて仕方がなかった。

今、巷では監督の人選から采配、選手選考、使用球、ストライクゾーン、精神論に至るまでさまざまな要因が敗因として挙げられている。もちろんその1つ1つはたしかに敗因なのだが、それらはあくまで表面的なことでしかない。その土台部分にもっと根本的に大きな問題が横たわっている。だからこそ、そんな表面的な問題ばかりがピックアップされて、都合のいい言い訳を敗因とされたり、誰かを悪者にして「他は誰も悪くない」とされることが、オレには怖くて仕方がない。

思えば、日本のプロ野球界はその長であるコミッショナーさえまともに決めることができないのだった。そんなプロ野球に、その代表チームに何を期待できるというのか。何を残すことができるというのか。4位という結果は、紛れもなく必然だった。

もっとハイレベルな野球を求めていこう。
もっとハイクオリティなプレーを求めていこう。
すべての野球関係者にもっともっとプロの仕事を求めていこう。

この結果が悔しいと思うのなら、それしかない。ただより良い野球のために、いつもある1つ1つからもっともっと上を目指していく。それを求めていく。求め続けていく。それがすべてのレベルアップにつながり、おのずとオリンピックやWBCでの好結果へもつながることになる。そうすればさらにその先に、日本野球界にとって明るい未来がきっと広がっているはずだから。


スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment

1 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  ボビー「光栄なこと」WBC監督に意欲
  •  ロッテのボビー・バレンタイン監督(58)が8月31日、来年3月のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の日本代表監督に意欲を示していることを明言した。この日の楽天戦(Kスタ宮城)の試合前、「日本代表の監督になることができれば大変光栄なこと」と自...
  • 2008.09.01 (Mon) 19:10 | ニュースヘッドライン