ポイントは逃げるダイワスカーレットの後ろ

さて、前フリもなしで大阪杯の回顧に行きましょうか。ていうか、今日はそれだけ。でも、それで十分にお腹いっぱいになりそうなぐらい濃密なレースでしたからね。

レースのカギは、誰が逃げるダイワスカーレットの後ろの位置を取るのか。
ダイワスカーレットの単騎逃げは容易に想像できた。そして、アドマイヤメインやヴィクトリーの好位勢がダイワの壁になりそうなこと(実際はそうではなかったが)、その外を回して負かしにいくのは相当に難しいということも。では、どう対せばいいのか。その答えが、「ダイワスカーレットの後ろの位置を取る」。そのポジションを誰が取るのかがレースのカギになると考えていました。

イメージとしてあったのは、一昨年の帝王賞。ザコ馬を避けつつ、最短距離でアジュディミツオーに勝負を挑めるポジションを取りいったあの日のカネヒキリと武豊。昨日もまた、武豊はそんなレースをするだろうと想定していたのだが…。

結果的には、想定していた通りに、ダイワスカーレットの後ろに位置した馬が2着に残ることとなった。
しかし、そのポジションを押して取りに行ったのは、エイシンデピュティに乗る岩田だった。

メイショウサムソンとエイシンデピュティの差、それは次が3200Mか否か。少しゲートの出が甘かったこともある。だからなおさら、武豊は岩田に付き合えるはずもなかった。結局そのまま沈むことになったメイショウサムソンのレースは、その時点で終わっていたと言えるかもしれない。

それにしても、今年に入ってからというもの、岩田の野性的な勝負勘が一層冴え渡っている。昨年までの彼からは完全に一皮剥けたと言っていいのではないだろうか。レースの中で重要な役割を担えるジョッキーとなっている。
そして、もう1人。大外枠から一旦下げて、3~4コーナーでエイシンデピュティの後ろ、ラチ沿いの3列目までドリームパスポートを持ってきた松岡。本当に「さすがだ」と思った。伸び切れず、4着に終わってはしまったが、レースのポイントを見出す嗅覚という彼の大きな才能を見せてくれたレースだった。

しかし、ダイワスカーレットはパワフルになってたなぁ。例のごとく、鍛えすぎじゃなくいの?ってぐらい(笑)。1コーナーも4コーナーもアンカツがコントロールし切れずにオーバーしてたもんね。パドックも闘牛みたいな前傾姿勢で歩いてるし(笑)
去年までは繊細で女の子らしかったダイワスカーレットだけど、今年はもはや女を捨てた感じ(爆)。例えるなら、吉田沙保里といったところか(笑)。ちょうどいいから、110連勝と行きますか?
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment