2008年のプロ野球

高松宮記念の登録馬が発表されましたね。どんなメンバーになるかと思っていましたが、比較的予想しやすいメンバー構成になって一安心。で、選んでみたのがこの3頭。

スズカフェニックス
スーパーホーネット
リミットレスビット

正直、スズカフェニックスとスーパーホーネットの2頭が抜けている印象。人気的にはローレルゲレイロがその間に入ってくるんでしょうがね。去年の秋の競馬を見ると、どっちが上とは言いにくいので、枠順が外の方を上位にというジャッジになるでしょう。
リミットレスビットはこのレース特注のサンデー×ノーザンテースト。もしかしたら1頭もいないかもと思っていたが、面白い馬が出てきてくれたと思う。この辺の馬に乗る内田っていうのもいい感じです。
この他で気になるところはリキサンファイターか。レイズアネイティヴ系の差し馬というのも特注ですかね。でも、賞金順で20番目ぐらい。ギリギリでも出走が叶えば面白いのですが。

今週末のスプリングステークスは、この界隈の願いとしては、「とにかくレッツゴーキリシマが勝たないこと」というのが総意なんだろうと言ってみる(笑)。あと、できれば勝ち馬はショウナンアルバがいいんだろうね(笑)
まぁ、ここでレッツゴーキリシマに勝たれても馬券を獲っちゃえば問題ないんだろうが。


<シーズン企画>2008年のプロ野球展望~パシフィック・リーグ編(1)~
今年も今週末からいよいよ開幕するプロ野球。例年通り、パシフィック・リーグからスタートするわけですが、今週、来週と5回ぐらいに分けて各チームの戦力分析を行っていきたいと思います。

北海道日本ハムファイターズ
今年もいかに打線がピッチャー陣を助けられるかが大きな課題となりそう。結局セギノールとスレッジが替わった以外は昨年から目立った変化のないバッター陣。彼らを助ける作戦とやりくりがゲームを勝利する上でとても重要になってきそうなだけに、新しく替わった監督がどれだけ選手の特徴を把握し、ゲームの流れを読み、どれだけ的確な采配ができるか。大丈夫かな?梨田さんで(笑)
ピッチャー陣は後ろの方が計算できるというのは大きなポイント。今年は八木が戻ってくるだろうし、あとは木下あたりがもう一皮剥ければいいんだけどね。

千葉ロッテマリーンズ
とにもかくにもゲームの後半を任せられるピッチャーがごっそりと抜けてしまったのがどうか。去年でも決して安定していたわけではないとはいえ、居るのと全く居ないとでは意味が全然違う。でも、ボビーなら日替わりにでもやりくりしてしまうんだろうと思えてしまうのがこのチームの強味でもある。
その他はピッチャー陣もバッター陣もまさに円熟の域。優勝最有力候補はココだろうな。

福岡ソフトバンクホークス
開幕から小久保がいない、斉藤がいない、馬原がいない。今年も松中と多村はケガがち、とチームの軸がぶれぶれ。彼らがいないとチーム全体が浮き足立ってしまうという弱点は、どうせ克服できていないだろうし、今年もタラレバを言い続けるシーズンになるんだろう。杉内や和田、新垣あたりがもっとチーム全体を引っ張っていけるようになればいいんだけどねぇ。
まぁでも、ここ数年、ずっと優勝候補最右翼と言われていたものの、今年はそうではないだけに、その分プレッシャーが軽減されるのは楽にしてくれるだろう。

スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment