桜花賞が見えてきた!?

ものすごく身体がだるいのに、これから長々と予想を書こうとしています(^^;

【阪神5R 3歳新馬】
◎オースミクレーバー
幸×湯窪コンビは新馬戦の穴メーカー。具体的に数字を調べたことはないが、単・複ともかなりの回収率になっているはず。この馬自身も母父バクシンオーなら初戦向きだろう。

【中山9R きんせんか賞】
◎メイビリーヴ
おそらくこの条件はベスト。それなのに、携帯版ブックの想定オッズを見ると、なぜかやたらと人気落ちしているのはワナなんでしょうかね?

【阪神10R 御堂筋ステークス】
◎ドリーミーオペラ
阪神の2400はとにかくスタミナが必要なコースで、欧州の2400をイメージすると程近い。そう考えるとブレーヴハートかこの馬がしっくりくる。どちらにするか迷ったが、人気のない方で。

【阪神11R アーリントンC(G3)】
◎ロードニュースター
○ポルトフィーノ
▲スマートファルコン
ロードニュースターはとにかく前走の走破タイムが破格。追い切りの時計と動きを見ても絶好調という雰囲気だし、格上挑戦でもむしろ今が買いどきだろう。
ポルトフィーノは、今回もそう簡単には崩れるとは考えにくい。抜群のゲートセンスといい、引っ張ればすぐに折り合える素直さといい、競走馬としてのベースがこれ以上なくしっかりしているからね。とはいえ、ココは負けていいレースであることを考えれば、この印が妥当かと。
▲には一気の人気落ちのスマートファルコンを。ゴールドアリュールの買い方がいまだに全く掴めないんだが、とりあえず人気が落ちたら買い、人気が上がれば消していけばいいような気がしているので。

【阪神12R 4歳上1000万下】
◎ニードルポイント
お約束の3歳春の500万勝ち馬。ダートならまだ底を見せていない。おそらく芝で歩くだろうが、後ろから行った方が展開はハマりそう。


レーヴダムールが春全休だそうで。当初聞いていたすみれSに登録はなかったものの、ある程度時計は出ていたので普通にチューリップ賞に使ってくるのかと思っていたんですけどね。
しかし、この馬が出ないとなると、チューリップ賞は1勝馬にとって大きなチャンスとなる。トールポピーが必ずしもフサイチホウオーと同じように突如走らなくなると決まっているわけではないが、オディールが休み明けを苦手としていることを考慮すれば、確実に1枚以上の切符が残ると見込んでいい。しかも、同じ1勝馬でも、ブーケフレグランスやハイエストホワイトのようなトップクラスではなく、チェレブリタやイエロータキオン程度が相手なら、どの馬でも手を伸ばせば届く範囲だ。
さぁ、マルチメトリックの桜花賞出走が見えてきた。でも、使ってこない可能性も十分なので、過度に期待はしない方向で。


スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment