続いた!

確勝を期して臨んだレース。ヴァントシルムは期待にしっかりと応えて、先週のピンクブーケに続き、優勝してくれました!

13日の新潟競馬ではスタート後に少し促して中団から。直線半ばで抜け出すとそのまま押し切って見事に優勝。
「厩舎の方からも硬さがあることは聞いていましたし、追い切りに乗せていただいてそれは感じていました。子供っぽさが目立っていて、まだまだこれから成長していくんだろうなと思うのですが、その状態でこれだけのパフォーマンスを見せられるのですから、能力が高い馬だということなのでしょう。1つ勝てたことは大きいですし、この後も楽しみです。今日はありがとうございました」(秋山騎手)
前回は直線で窮屈な場面があり、あと一歩のところで勝利を逃しましたが、今日は終始スムーズなレース運びでしっかりと勝ち切ってくれました。まだこれから良くなりそうなタイプの馬ですし、今後のさらなる活躍を期待したいものです。この後はレース後の状態をよく確認してから検討していきます。



終始、安心して見ていられました。

秋山ジョッキーはスタートから不利を受けないことだけを考えたレース。道悪のせいなのか、遊んでいるのか、軽く促しながらの追走でしたが、手応えにはずっと余裕があるように見えましたからね。
直線を向いてからは目を見張る伸び。相手が弱いことを差し引いて考えるべきだとしても、道悪の2400Mを走ってきてもまだまだ伸びて行きそうなゴール前の脚色に、この先が本当に楽しみになりました。勝ったことよりもそっちの方が嬉しかったかな。

デビュー戦の時に「来年のカフジプリンスになろう」と書いたけど、それが本当に現実になるように、これからも頑張っていこう。


続け!

今週の出走は1頭、明日、ヴァントシルムが走ります。

「今週の競馬は秋山騎手にお願いをして、今朝追い切りにも乗ってもらいました。最後は半馬身ほど遅れましたが、相手にもジョッキーが騎乗していましたし、全体的に馬なり程度と併せて適度な負荷をかける目的は十分果たせました。中1週の競馬で輸送もあるのでこれでちょうどいいと思います。前走は久々でも成長した姿を見せてくれましたし、今回こそという気持ちですよ」(松田助手)
13日の新潟競馬(3歳未勝利・芝2400m)に秋山騎手で出走を予定しています。


確勝を期す。

ローカルで最も信用できる人を鞍上に迎え、メンバー的にも、力を出し切れさえすれば勝てるはずのレース。それだけに、雨の予報が不確定要素として非常に余計なのだが、こればっかりは言ってもしょうがない。それでもしっかり勝とう。ピンクブーケに続け!

それにしても、追い切りの併せ馬で外に併せられるようになった、これまで一杯に追っても、内目を通っても出せなかった時計を、外目を通って馬なりで出せるようになったのか、と追い切りのレポートを見て、まず驚いた。馬って本当に変わるんだなぁ。このレースもそうだけど、今後が楽しみだ。というか、今後がより楽しみになるようなレースをしてほしいですね。





大事なのはここから

復帰戦を迎えたビンクブーケは、見事、トップでゴールを駆け抜けてくれました!

6日の新潟競馬では好スタートを切り、その後は慌てずじっくりと進める。徐々に進出を開始し、直線では大外から3着馬と体を並べるように伸びて最後は内外際どい勝負だったがキッチリ前に出て優勝。
「ここでは力が違いましたね。信じて乗りましたが、久々でも馬の出来は良かったですから、より自信を持ってレースができました。スタートから気持ちが入っていましたし、落ち着かせて進め、直線はいいところへ。仕掛けてからも反応し、ジリッジリッとですけど、長くいい脚を使ってくれました。元々このクラスで結果を出せている馬ですし、上のクラスでも戦えるはずです。弱さも兼ね備えている馬ですから無事に、そして順調に行って欲しいですね。今日はありがとうございました」(丸山騎手)
「今回は順調に調整できまして、自信を持ってレースへ送り出せました。想定段階から頭数は増えましたけれど、それでもここは勝つつもりで私も新潟に来ました。当日を迎えても大きな心配はなかったですし、あとは元気に自信を持って乗ってもらえればと思っていましたが、期待に応えてくれましたね。雨によって馬場が渋りましたが、そのなかでも良いところを走らせてくれました。カチカチの高速馬場を走るよりは、クッションの利いた柔らかい馬場の方がダメージは幾らか少ないのではないかとも思っていましたので、そのなかで無事に結果を出せてホッとしています。大事に使わせてもらっていますが、それでも弱くてなかなか思うようにいかないところが毎度ある馬です。今回も勝ったからといって浮かれないで気を引き締め、今後に繋げていけるようにしたいですね。ご声援いただきましてありがとうございました」(小西師)
中京開催を目指していた時はコンディションが整わず再調整を採らせていただきましたが、それが実を結び最高の結果を出してくれました。これもグッと我慢をしてくださった陣営、そして会員の皆様のおかげでもあると思っております。紆余曲折ある馬ではありますが、これからも一歩ずつ地道に進んでいきさらなる活躍を見せて欲しいと期待しています。今後につきましてはまず状態を確認してからになりますが、基本的にはケアの期間に充ててから次へと向かっていこうと考えています。



嬉しいというより、ホッとしました。ピンクブーケの今後のために、本当に貴重な1勝。これがあるかないかで引退後が大きく変わる可能性があると思うので、本当に、本当に大きな勝利です。そして今回こそ、レース後も無事であるように、この後の経過が一番大事です。だからまだ気は抜けません。

前にも書いたように、休み明けMAXの馬だと思っているので、リミットが迫っていると言えど、次は夏の新潟でOK。新潟は本当に合っていると思うしね。でも、繰り返しになるけど、そこへ無事で向かえることが一番重要ですね。





無事に帰ってくることが一番の目標

思わぬ体調不良でまたしても休養を強いられてしまいましたが、ピンクブーケが今日、復帰戦を迎えます。

3日は美浦坂路で追い切りました(53秒8-38秒6-25秒1-12秒3)。
「先週の追い切りの後の変化も慎重に確認していましたが、問題ありませんでしたね。むしろ、日曜日の時点でだいぶ仕上がったなと思えるほどでしたよ。それなので今週は終いだけ少し伸ばすようにし、態勢を整えれば大丈夫だろうと思っていました。結果的に坂路で4ハロン54秒弱、終い12秒3でまとめていますが、脚取りを見てもこの馬としてはいいと思えましたし、問題ない状態になったと思いますよ。あとはこの後の微調整をしっかりとして土曜日のレースへ無事に送り出せればと思っています」(小西師)
6日の新潟競馬(4歳上500万下・芝2000m)に丸山騎手で出走を予定しています。


休養期間の合算がついに24ヶ月を超え、現役生活のリミットも1年を切ってしまいました。こうなるともはや、来年の3月まで無事に走りきることが現実的な目標となってきてしまいますね。
特に今回は、日本で一番の下手くそを鞍上に迎えてのレース。大外枠が当たったのはゲートの中が悪いこの馬には幸いだし、雨の予報も脚に優しくなる分ありがたいけども、多くは望まず、本当に無事であることだけを願ってレースを見たいと思います。

とりあえず良かった

遠征から帰ってきたら更新をするつもりが、すっかり忘れていました(笑)

では、ヴァントシルムのレビュー。

29日の京都競馬ではまずまずのスタートから道中は中団でレースを進める。3コーナーから少しずつ促して直線はいい脚を使っているが、窮屈な場面もあり2着まで。
「厩舎の方からは歩様に少し硬さがあると聞いていたのですが、実際に跨がって走らせてみてもなかなか脚が上がらず、やはり硬さが目立つなという印象でした。ただ、以前はこれで進んでいかなかったみたいなのですが、今日は道中でうまく流れに乗ることができていたんです。それだけに直線で外から来られて窮屈になったところが痛かったですし、あそこをうまく捌くことができていればもっと際どかったと思います。本当に申し訳ありません」(福永騎手)
休み明けの一戦となりましたが、調教でもしっかりと動けていたように、いい仕上がり状態で競馬に臨むことができました。最後はスムーズさを欠くシーンもありましたが、ゴール前では以前までにない伸び脚を見せてくれましたし、このあたりは成長の証でしょう。今回で力のあるところは示せましたが、今後のさらなる上積みにも期待したいと思います。この後は反動などがないか馬体をよく確認してから検討していきます。

「最後にしっかりと追い込んできているだけに、外から馬体を寄せられてなかなか出るに出られなかったのが大きいですね。あの場面さえスムーズなら勝っていてもおかしくない内容でしたし、本当に悔しいです。ただ、やはり長い距離は良さそうですし、あれだけの脚を使えたのは収穫でした。じっくり、そしてハードに鍛えているのですが、ちゃんとそれに耐えてくれていますし、放牧を挟んで馬も成長してくれているようですから、次こそはという気持ちで臨みたいと思います。レース後は疲れた様子も見られず、馬は元気にしています。新潟3週目に芝の2400mがあるので、このまま反動がなければそこに使っていくつもりです」(須貝師)
13日の新潟競馬(3歳未勝利・芝2400m)を目標にしています。


勝てたレースだったね。

まぁ、もったいなかったのは確かなんだけど、それ以上に、こちらの想像を超えて馬が良化してくれていたことが嬉しかったです。これくらいの距離のレースはどうせ毎回同じようなメンバーで走るのだからすぐにまたチャンスは来る。次でしっかり決めましょう。今回はとりあえず良かった。でもそう言って済ませられるのは今回までだよ。

それにしても、調教師のコメントにもありますが、ハードに鍛えてもちゃんとそれに耐えられる強い身体を持っているというのは、この先、この馬の大きなアドバンテージになるかもしれませんね。キタサンブラックのように、とは言いませんが、精進して、強い馬になってほしいものです。まぁでも、まずは一つ勝たなきゃ、だな。



もう1頭走った馬はいますが、あまりに論外なので、更新は割愛。
馬には何にも罪はないんだけどね…。


なぜまた1200を使うのか

今週は土曜日にヴァントシルムとレイリオンの2頭が出走。

どちらもユーイチさんが乗るというのに、私は京都競馬場ではなく、日本武道館で柔道を見ている予定なんだな(笑)日曜日は昼から東京競馬場へ行く予定だから、バリングラでもチャームクォークでも走ってくれればよかったんだけどね。(敢えて↓と同じイントロで)

続いて、レイリオンのプレビューを。

26日は栗東坂路で追い切りました(54秒0-39秒4-26秒1-13秒2)。
「今朝は坂路で馬なり程度の追い切りを行いました。久々に乗ったのですが、以前に比べると走りのバランスが良くなっているなと感じました。以前は精神的に不安定なところがあったのですが、当時は馬体重が減り気味だったことなどを考えると、まだ馬体がパンとしておらず苦しいところがあったのかもしれません。今は見た目にもふっくらして落ち着きもありますし、この感じでレースに臨めれば今回もいい競馬をしてくれるのではないでしょうか」(安田翔技術調教師)
29日の京都競馬(4歳上500万下・芝1200m)に福永騎手で出走を予定しています。


せっかく距離延長で成績が上がったのに、なぜわざわざ1200に戻すのか。全くもって意味不明だけど、せめてもの救いなのが、恐らくトップスタートを決めてくれるだろう、ユーイチさんが乗ってくれること。
逃げたい馬が8枠に入ったことで、それを行かせてからポジションを取るという窮屈な展開が予想される。いっそ、揉まれてアウトにならないように自分が行かなければいけないことを強制するように、最内にでも入ればよかったのだけど、こればっかりは言っても仕方がない。トップスタートから上手く捌いて、2、3番手を取れればいいんだけど…

さて、どう乗ってくれますか。

良くなっていればいいけど

今週は土曜日にヴァントシルムとレイリオンの2頭が出走。

どちらもユーイチさんが乗るというのに、私は京都競馬場ではなく、日本武道館で柔道を見ている予定なんだな(笑)日曜日は昼から東京競馬場へ行く予定だから、バリングラでもチャームクォークでも走ってくれればよかったんだけどね。

では、ヴァントシルムのプレビューから。

26日は栗東CWコースで追い切りました。27日は軽めの調整を行いました。
「水曜日にCWコースで併せて追い切っています。先週同様に長めからビッシリと追っているのですが、うまく体を使ってしっかりと動けていましたし、最後まで気を抜くようなこともなく集中して走れていました。やはり休む前と比べても馬がずいぶん良くなってきたなという印象です。久々でもいい具合に仕上がったと思いますし、折り合いに問題ないタイプなので長距離も問題ないでしょうから、いきなりからどんな競馬を見せてくれるか楽しみにしたいですね」(須貝師)
29日の京都競馬(3歳未勝利・芝2400m)に福永騎手で出走いたします。


2週間前の時点でユーイチさんを押さえて出走予定が決まっていたということで、それだけ良くなっていると思っていいのかな?と勝手な期待をしてしまっているのだけどね。果たして、どうでしょうか。
ソエが出て、図らずも復帰が2ヶ月延びた。どこかで成長を待つ時間が必要だと考えていたから、この待たされた時間は惜しくはない。ここからが勝負。この頭数、この相手で何にもならないようでは泣けてくるので、せめてそれなりの格好はつけてほしい。