もっとやりようはあったはず

必勝祈願だったピンクブーケですが、残念ながら、結果は4着でした。


18日の東京競馬では淀みのない流れの中で中団を進む。勝負どころで前との距離を詰めて直線勝負に挑むが、わずかに届かず4着。
「これまで乗った時はどちらかと言えばスタートが決まらずに後ろからになっていたけど、今日は前の馬たちを見られる位置で運べましたね。道中の折り合いもしっかりとついて、レース運びに関して以前よりは良くなっているように感じましたよ。勝負どころでの手応えからは勝ち馬に並べるかと思っていたものの、結果的にはそのまま前に出られてしまいました。いい結果を出せず申し訳ありませんが、いい意味で普通の競馬ができましたから、これを続けていければよりチャンスは広がるはずです」(内田騎手)
「距離延長に関しては実戦へ行ってみてどうかでしたけれど、折り合いがまずまずついて対応してくれたのではないでしょうか。ただ、今日はタフだったのでしょう。そして、目一杯走ってくれたのでしょう。上がってきた時の息づかいも結構フーフー言っていましたからね。ベストとは言わないのかもしれませんが、今日のように最後まで頑張れたということは今後の選択肢の幅も広げられたと言えるのではないかと思いますし、勝てなかったのは残念ですが良い経験になったと思います。おそらくレース後疲れるだろうと思いますし、続けていこうと思っても関東圏は福島開催になりますから、それならば少し空けて新潟に備えるほうが好ましいかなと考えているところです。もちろん、もう少し時間が欲しいとなれば秋になるでしょうが、今のところはこのまますぐの競馬ではなく、ひと息入れてから改めて競馬へ向かう方向で考えています」(小西師)
前走の勢いを維持して今回の昇級戦へ挑みました。これまでとは少し異なる条件へトライしてみましたが、戦前から距離を詰めるよりはゆったり運べるほうがいいかなと思っていたので楽しみの方をより持ってるのではないかと見ていました。実際のところレース内容は悪くなかったと思います。ただし、消耗戦となったこともあってか最後は一杯一杯にもなっていたでしょうか。それでも今後において良い経験になったと思いますし、さらなる活躍のきっかけになってくれたらと考えています。この後の様子を見てから最終的に判断しますが、今のところはひと息入れて今後に備えることを考えています。



何をどうしたかったのかは見ていてよくわかった。でも、正直、不満だらけですわ。

常に先手、先手で動いたルメールを後から追っていく展開。直線も、大きく広がることが目に見えている中で、一番外へ…。う~ん。もう少しやりようはあったんじゃない?というか、相手に合わせて動いていくのはピンクブーケの競馬じゃないでしょう。

まぁ、レースが終わって息が上がっているまで走ったことはこれまでにはなかったことなので、これが良い経験になればいいと思うのだが、体質にも脚元にも爆弾を抱えている馬だから、それによって爆発しないことを、まずは水曜日の更新まで全力で祈っている。




お願いだから無事に帰ってきて

続いて明日は、ピンクブーケが府中で走ります。


14日は美浦坂路で追い切りました(52秒1-37秒2-24秒4-12秒2)。
「先週の追い切りの動きがまずまずでしたから、それを継続してしっかり乗っていければと考えていました。今朝も先週と同じく坂路コースで追い切ったのですが、しっかり動けていましたね。わりと馬場コンディションが安定しているところで走りやすかったとは思いますけれど、まわりがもうすこし時計がかかっている中でピンクは4ハロン52秒1、終い1ハロン12秒2でまとめてきました。時計だけではないですけれどもしっかりと走れていたという指標にもなりますし、いいと思います。体調も安定していますし、この後に気になることがなければ今週の競馬へ向かえるはずです。距離は長くなりますけれど、詰めるよりは競馬がしやすいのではないかと思います。もちろん対応できるかどうかは蓋を開けてみなければわかりませんが、ここでも良い走りを見せてほしいですね」(小西師)
18日の東京競馬(芦ノ湖特別・芝2400m)に内田騎手で出走を予定しています。


当初は新潟まで待つ予定だったのが、行ける!との判断から短期で帰ってきて、昇級戦に挑むことになりました。

正直、敵は距離と展開とルメールだけかな、と思ってます。が、一番は、怪我が心配。良馬場でやりたかったけど、いくら何でも今週は馬場が速すぎるぞ。なので、お願いだから無事に帰ってきて。本当にそれが一番です。


次に期待

期待の大きかったヴァントシルムですが、結果は6着。
ちょっと残念な結果に終わってしまいました。


17日の函館競馬ではまずまずのスタートから中団を追走。淀みない流れで動くに動けず、前も止まらない展開で6着。
「乗った感じは良かったし、追走もスムーズだったのですが、ちょうど馬群のポケットのようなところにハマってしまって動くに動けない状態で進んでしまったのが痛かったです。結果的に時計も速かったですが、もう少しスムーズに動けていれば展開も変わったでしょうし、状態が良さそうだっただけに残念でした」(武騎手)
大きく逃げる馬もいる中、中団馬群で動くに動けず厳しいレースになってしまいました。残念ではありましたが、昇級初戦で初めての古馬混合レースでしたし、今日の経験を次に活かして巻き返してもらいたいと思います。この後は馬体をよくチェックしてから決めますが、一度放牧に出すことも検討しています。



スタートからフワフワと走っているところを促しながら追走させた前回の秋山さんと、押さえ込んだ今回のユタカさんと。その差かな。展開もあるけど、最後まで頭が高いままで、気持ちが入ることないまま終わってしまった感じでしたね。ブラック・ユタカも再三見てきているので今さら驚きませんが、まぁとにかく、残念でした。

権利も逃したことだし、わざわざ書いているぐらいなので、馬房の入れ換えで放牧となるでしょう。代わりに入った馬が出るタイミングで戻って、次は函館の最後、横津岳特別となるでしょうか?それまで早来でしっかり鍛えてもらって、また改めて期待ですね。


ココで勝てれば

週末にいろいろと予定が立て込んでいるため、枠順も出る前に更新。

今週は2頭が出走で、どちらも勝ちを期待したいところ。
まずは土曜日出走するヴァントシルムから。


14日は函館Wコースで追い切りました。15日は軽めの調整を行いました。
「この中間も順調に乗り込めています。今週は私も函館入りして馬の状態をチェックしていますが、水曜に行ったウッドコースでの追い切りでは併走馬にスッと1馬身先着していい反応を見せていましたし、状態はとても良さそうです。体調もいいですし、昇級戦でも条件はぴったりだと思うので、いきなりからいい競馬を期待したいですね」(須貝師)
17日の函館競馬(駒ケ岳特別・芝2600m)に武騎手で出走いたします。



函館開幕週の2600なんて少頭数だろうし、メンバーも揃わないだろう。良いレースを選んだもんだなぁ。なんて、先週までは思ってたんだけどね。真逆になったな(笑)。降級馬や実績馬が何頭いるんだよ(笑)登録を見て、ビックリしたわ。

でも、だからこそ、ココで勝てれば、今後の希望がより大きくなるね。そして、どうも1番人気に推されそうだ。それだけの上昇カーブが見込まれていると見て期待をしつつも、一方では冷静に。まずは現状の力試しをしたいと思っている。あくまでもココは昇級戦だし、強いメンバーとやるのも初めてなんだから。

そうそう。初めてと言えば、実はこれが“初・武豊”なんですよね。一口馬主生活16年目にして、ようやく巡ってきた第一人者。それがこれまでで一番期待して出資した馬の試金石の場面なんて最高じゃんか!

楽しみはいくつもある。それが、レースが終わった時により大きなものになっていますように。本当にワクワクしながら、土曜日の14:50を待っているよ。



嬉しい誤算

昨日の東京1Rに出走してチャームクォークは、見事に優勝してくれました!

4日の東京競馬では外目の4番手を追走し、直線へ向かう。一度は2着馬に前へ出られるもゴール直前で差し返して見事優勝。
「ありがとうございました。よく差し返してくれましたね。根性があります。レースはスムーズに運ぶことを心がけました。理想は3番手だったのですが、内から出てきた馬の影響もあって4番手からでした。ただ、そこでも慌てないで進めていったんです。3コーナーでは右への張りがあったのですが、事前に聞いていたのもあり落ち着いて対処できました。手応えはまずまずでしたので直線に向いてスッと抜けられればと思っていたんです。しかし、2着馬のほうが結構楽に来て半馬身くらいいったん前へ出られてしまいました。厳しいかと思いましたが、そこからよく盛り返してくれました。僕もその馬に寄せていったのですが、よく歯を食いしばって前へ出てくれましたね。正直、まだ心もとない印象はあり、テンションもギリギリ我慢できているという状況でした。今日はまだ常歩で歩けるときもあったので心が一杯いっぱいになっていることはないのでしょうが、ダクになってしまうところもありました。これが弾けてしまうと余裕がなくなり辛くなりそうですね。気負いから体が硬くなる感触もありますし、心身の余裕がもっと出てきてくれたらまた頑張ってくれるはずです」(石橋騎手)
「おめでとうございました。入ってきた時はスクミを見せたりと苦しいところもありましたから悩みましたが、馬のために時間をかけて調整させていただきました。まずまず態勢は整ってきたかなと思えこのレースへ向かいましたが、よく頑張ってくれましたね。脩の話を聞いても外への張りはあるようなのですが、今日はスムーズな競馬をできたことが大きかったと思います。これが揉まれ込む形になっていたら厳しかったかもしれませんからね。それにしても最後はよく差し返してくれました。まだ弱いところが見られる現状でもありますし、長い目で見ながらさらに良くしていけたらと思います。今日は応援いただきありがとうございました」(大和田師)
入厩前後でスクミの症状を見せるなど決して順風満帆な過程だったというわけではなく、不安に思うこともあるくらいでした。しかしながら、馬の頑張りはもちろんのこと陣営が時間をかけて丹念に仕上げてくださったおかげもあり、待望の初勝利を挙げてくれました。課題の残る現状でもありますので、心身が今以上に成長し、さらにしっかりとしてくればこれからも良い走りをしてくれるはずです。まずは状態をよく確認した上で今後について判断していきます。


正直なところ、勝てるとは全く思ってませんでした。まさに嬉しい誤算です。

この週末は土日とも東京に居たんですけどね。府中行きも考えなかったわけではないのですが、最終的には「レースさえ見られれば」という感じで、土曜の夜はオールナイトイベントに行って遊んで、4時前にホテルに帰って9時まで寝て、風呂入って、チェックアウトして、レース20分前に新宿のウインズ着、ってな感じでした(笑)
G1デイとはいえ、まだ朝一の静かなフロアで、一人、「差し返せ!」「来い!来い!」って叫びましたよ(笑)本当によく頑張ってくれました。

体調なんて全然良くなかったと思うんだ。馬体はしぼんで見える。毛艶はくすんで見える。栗毛の馬って、昨日ぐらいの日の光があれば光って見えるもんじゃないですか。でも全然そんな風には見えず。。。
そんな中で本当によく頑張ってくれたと思う。感動したもん。でもそんな中でめっちゃ走ったからこそ、その分、この後が心配だ。しっかりと時間をかけてケアしてあげてほしい。そのための時間をチャームクォーク自身が確保したわけだからね。

馬自身が頑張って走ってくれていれば、陣営が最善を尽くしてくれていれば、待たされることは全く苦になりません。次がいつになるかはわかりませんが、態勢が整った時にまた頑張ってほしいと思います。





続いた!

確勝を期して臨んだレース。ヴァントシルムは期待にしっかりと応えて、先週のピンクブーケに続き、優勝してくれました!

13日の新潟競馬ではスタート後に少し促して中団から。直線半ばで抜け出すとそのまま押し切って見事に優勝。
「厩舎の方からも硬さがあることは聞いていましたし、追い切りに乗せていただいてそれは感じていました。子供っぽさが目立っていて、まだまだこれから成長していくんだろうなと思うのですが、その状態でこれだけのパフォーマンスを見せられるのですから、能力が高い馬だということなのでしょう。1つ勝てたことは大きいですし、この後も楽しみです。今日はありがとうございました」(秋山騎手)
前回は直線で窮屈な場面があり、あと一歩のところで勝利を逃しましたが、今日は終始スムーズなレース運びでしっかりと勝ち切ってくれました。まだこれから良くなりそうなタイプの馬ですし、今後のさらなる活躍を期待したいものです。この後はレース後の状態をよく確認してから検討していきます。



終始、安心して見ていられました。

秋山ジョッキーはスタートから不利を受けないことだけを考えたレース。道悪のせいなのか、遊んでいるのか、軽く促しながらの追走でしたが、手応えにはずっと余裕があるように見えましたからね。
直線を向いてからは目を見張る伸び。相手が弱いことを差し引いて考えるべきだとしても、道悪の2400Mを走ってきてもまだまだ伸びて行きそうなゴール前の脚色に、この先が本当に楽しみになりました。勝ったことよりもそっちの方が嬉しかったかな。

デビュー戦の時に「来年のカフジプリンスになろう」と書いたけど、それが本当に現実になるように、これからも頑張っていこう。


続け!

今週の出走は1頭、明日、ヴァントシルムが走ります。

「今週の競馬は秋山騎手にお願いをして、今朝追い切りにも乗ってもらいました。最後は半馬身ほど遅れましたが、相手にもジョッキーが騎乗していましたし、全体的に馬なり程度と併せて適度な負荷をかける目的は十分果たせました。中1週の競馬で輸送もあるのでこれでちょうどいいと思います。前走は久々でも成長した姿を見せてくれましたし、今回こそという気持ちですよ」(松田助手)
13日の新潟競馬(3歳未勝利・芝2400m)に秋山騎手で出走を予定しています。


確勝を期す。

ローカルで最も信用できる人を鞍上に迎え、メンバー的にも、力を出し切れさえすれば勝てるはずのレース。それだけに、雨の予報が不確定要素として非常に余計なのだが、こればっかりは言ってもしょうがない。それでもしっかり勝とう。ピンクブーケに続け!

それにしても、追い切りの併せ馬で外に併せられるようになった、これまで一杯に追っても、内目を通っても出せなかった時計を、外目を通って馬なりで出せるようになったのか、と追い切りのレポートを見て、まず驚いた。馬って本当に変わるんだなぁ。このレースもそうだけど、今後が楽しみだ。というか、今後がより楽しみになるようなレースをしてほしいですね。